« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

グラン・トリノ

Grantrino
点数: 85点
原題: Gran Trino(グラン トリノ[車の名前])
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/
映画館: 川崎チネチッタ(チネ5)
監督: クリント・イーストウッド
出演: クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
息子や孫たちの言動や格好が気に食わないウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちから施設に入るように言われても頑として受け付けない。
彼が住む中西部の街は、最近白人以外の移民が多く住むようになり、彼の家の隣にもベトナム移民のモン族の一家が引っ越して来た。
ただでさえ隣に黄色人種が住むことを嫌っていたウォルトの家に、ある日愛車「グラン・トリノ」を盗もうと隣の家の息子タオ(ビー・バン)が侵入した。
タオは、同じモン族のギャングの従兄に盗みを強要されてしょうがなく盗みに入ったのだ。
タオの姉スーがメキシコ人にからまれているのを救ったウォルトは、スーに誘われてスーの家のパーティに参加する。
息子達や神父にすら心を開かないウォルトなのに、何故かモン族の一族といると心が休まり、普段口にしないような冗談ですら飛び出し、うち解ける。
車を盗んだお詫びにウォルトの家の手伝いをすることになったタオにウォルトは、息子のように世話をするが、ギャングの従兄達はそれが気に食わなかった。
(公開直後のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
全編差別用語オンパレードの、人種差別を前面に押し出した傑作。
実は、人間の内にある差別は人種が違うからではなく、信頼できるかどうかだということを示すため、あえて人種差別用語を多用している。
有色人種に対してだけでなく、イタリア人とかポーランド人とかユダヤ人とか、ありとあらゆる人種のステレオタイプを例にしている。
ウォルトには、朝鮮戦争で人殺しをしたという心の傷があり、そのため人に心を閉ざすようになった。
しかし、アメリカ人が失ってしまった親戚同士の堅いつながりに心のよりどころを見るウォルトの姿に、今までみたことのないアメリカ人本来の姿を映しだしていて、驚かされる。
イーストウッド史上最高の映画と言われているが、78歳にしてこういうテーマの映画を撮ろうと思った彼の姿勢を尊敬する。
ガンマンとしてアメリカ人男のステレオタイプを演じ続けて来たイーストウッドが演じるからこそ、ウォルトの心の変化がよりリアルに見えるのだ。
祝日のレディースデーのせいか、場内はほぼ満席で、日本人にもまだまだ映画を選ぶ目が残っているのかと思うと嬉しくなる作品だった。

|

バーン・アフター・リーディング

Burnafterreading
点数: 74点
原題: Burn After Reading(読んだら焼け)
公式サイト: http://burn.gyao.jp/
映画館: TOHOシネマズ錦糸町・スクリーン3
監督: イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
出演: ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
ある日突然CIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)。医師で財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中の妻・ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、自分の財産を盗られると思い、離婚を早めようとする。
離婚調停のためにオズボーンのPCから盗みだした彼のファイルが、ひょんなことからスポーツ・ジムのチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)の手に渡ってしまう。
美容整形手術を受けたいリンダは、チャドとともにオズボーンからファイルと交換にお金を巻き上げようとするが、オズボーンは相手にしない。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
コメディだと思っていたのに、ブラピが殺されるところから、様相が違うとわかった。
これはコメディではなく、CIAの仕事をおちょくった皮肉映画だったのだ。
最後まで観るとちっとも笑えない話だ。
普段こうやって、まったく事件と関係無い人間がCIAから追跡され、命を落とすこともあるのかと思うと、恐ろしい話。

|

ウォーロード/男たちの誓い

Warlords
点数: 78点
原題: 投名状
公式サイト: http://www.warlords.jp/
試写会場: 中野サンプラザ(by CineSmart様、本当にいつもありがとうございます)
監督: ピーター・チャン
出演: ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ
製作国: 中国、香港(2007年)

〈ストーリー〉
清朝末期の中国は、反乱軍と政府軍の争いが各地で勃発し、動乱の世の中に人々は疲弊していた。
政府軍の一隊を率いていた将軍・パン(ジェット・リー)は、死んだふりをして仲間全員が戦死する中、一人生き延びる。
放浪の途中でたまたま知り合った女性リィエン(シュー・ジンレイ)と一夜を共にし、パンは生きている証を取り戻し、2人は恋に落ちる。
翌朝、目を覚ますとリィエンは姿を消していた。
村に通りかかった山賊ウーヤン(金城武)に気に入られたパンは、リーダーに紹介すると言われ彼らのアジトの村に行くが、リーダーのアルフ(アンディ・ラウ)は、当初パンを拒む。
しかもあの一夜を共にしたリィエンがアルフの妻だと知ったパンはショックを受ける。
せっかく略奪した食糧を、政府軍に略奪されたアルフとウーヤンにパンは政府軍に入隊するように説得し、投名状の契りを交わした3人は、政府軍で目覚ましい活躍を遂げていく。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
ジェット・リーが香港の映画賞で主演男優賞を獲った記念すべき映画。
確かに、ジェットの演技としては、これまでにないすばらしい演技!
ってゆうか、他の人の演技が目に入らないんですけどー。
こんな有名人3人を使って贅沢な映画だー。
ただ、3人の個性が生かし切れていない感があるのは、気のせいか。
役がら的には、アンディとジェットの役を入れ替えてもよかったような気もする。
しかも、今となっては(何故か今更)日本でもひっぱりダコの金城武氏にこんな愚鈍な人物を演じさせるなんて、、、、。ピーター・チャン監督の仁徳のなせる業か。
通常の中国大陸映画では、必ず吹き替えとなる金城氏の声がナレーションを含め全編で楽しめるのも、ピーター・チャン監督作品ならでは(アンディさんは相変わらず吹き替えです)。
"他説死很容易"というセリフで始まるインターナショナル版だが、実際は金城氏演じるウーヤンの○○の場面から始まるらしい。こうなったらディレクターズカット版もDVDで観るかー。


|

チェイサー

Chaser
点数: 89点
原題: 추격자(「追撃者」)
公式サイト: http://www.chaser-movie.com/
試写会場: よみうりホール(by nifty様、本当にいつもありがとうございます)
監督: ナ・ホンジン
出演: キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ
製作国: 韓国(2008年)

〈ストーリー〉
元警官で、今はデリヘルサービスの元締めをやっているジュンホ(キム・ユンソク)は、最近店から女の子が消えていることにいらだっている。
保証金を踏み倒されて、いらだっているジュンホは、風邪で休みたいというミジンを無理やり客先に向かわすが、ミジンと連絡が取れなくなる。
ジュンホは、たまたま見つけたミジンの客を殴り、交番に連れて行かれるが、客はミジンを売ったのではなく、殺したと自供する。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
韓国の大ヒット映画は、かなりの確率でいい作品が多い。
この作品も、有無を言わされないくらい素晴らしい出来で、私が大好きな『殺人の追憶』に似た緊迫感とやるせなさか感があり、もう日本でも大ヒット間違いなし!!!

と言いたいところだが、日本では、韓国映画=韓流おばさんの映画みたいな固定観念がついてしまったため、どんなにいい映画もヒットしづらくなっている。
この映画は、人間に対してゆるい日本人の概念をはるかに飛び越えた現実を表していて、すっごいけど、多分日本ではヒットしないんだろうなあ。
『殺人の追憶』で韓国映画の人材に嫉妬した私ですが、この映画も同じ感情を抱いた。
日本映画も、夢のようなエンディグは止めて、もっと現実を見ようよー。現実に近い映画を撮ろうよー!

|

レイン・フォール/雨の牙

Rainfall
点数: 65点
公式サイト: http://www.rain-fall.jp/
試写会場: よみうりホール(via Aさん)
監督: マックス・マニックス
出演: 椎名桔平、長谷川京子、ゲイリー・オールドマン、柄本明
製作国: 日本(2008年)

〈ストーリー〉
アメリカ人と日本人のハーフで元軍隊特殊部隊にいたジョン・レイン(椎名桔平)は、依頼主から頼まれた人物を追っている最中に、その人物が目の前で死んでしまう。
その人物から奪うはずだったメモリー・スティックを追って、自宅に行くが、ヤクザとCIAの三つ巴で娘は死んでしまう。
もう一人の娘(長谷川京子)の元に行ったレインは、なんとか彼女を救いだすが、監視カメラだらけの東京の町で、CIAに監視されながら二人の行く先に安全な場所は無い。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
配役も?だったが、もっと?だったのは脚本。
人から追われてて、ドアが開かないときに「急いで!」っていう人、日本にいる?
「はやく!」って多分言うと思わない?
「急いで!」というセリフを聞いたとき、この脚本は多分、英語の小説をそのまま訳したのではないか?と思った。
でも、よくよく作品情報を見ると、脚本も監督と同様・オーストラリア人のマックス・マニックス氏が担当なさっているとのこと。
なんでも彼は『トウキョウソナタ』の脚本も担当されたとか。
『トウキョウソナタ』では、小泉今日子さんの「引っ張ってー」っていうセリフがズシンと心に響いた私。
なのに、作品の趣が変わるだけで、こんなに脚本の質も変わってしまうのか、、、、。
映画全体が、10年前の映画『不夜城』に似ていたので、いっそのことこの映画も主役も無国籍な雰囲気漂う金城武氏にやって欲しかったです(アッ、決して椎名氏が悪いって言っているわけでは無いですよ)。

|

レッドクリフ PartII

Redcliff2
点数: 80点
原題: 赤壁最終決戦
公式サイト: http://redcliff.jp/index.html
映画館: 川崎チネチッタ(チネ12)
監督: ジョン・ウー
出演: トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィキー・チャオ
製作国: アメリカ、中国、日本、台湾、韓国(2008年)

〈ストーリー〉
曽操の軍は、慣れない土地での長期滞在のため疫病が蔓延し、兵士が死に始めた。
死体を敵の呉の陣営に向かって舟で流し、相手方にも疫病を広めようとし、まんまと作戦は成功する。
これ以上の被害を抑えたいと考えた劉備は、同盟を破棄して、軍を退陣させる。
同盟に尽力した孔明は、一人呉の軍に残り、周喩に三日以内に10万本の矢を用意する約束をさせられる。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
Part1が長い予告編だったというのを実感する出来映え。
Part2だけで十分面白いし、1だけ見て2を観ないなんてありえない。
前半の孔明の智恵もすごいけど、終盤になってあれが作戦だったとわかる周喩の策は、もっとすごい。
『三国志』は読んだことが無いが、日本の戦いでもアイディアが沢山使われているのだろう。
智恵合戦を見ているとワクワクする。
この話しはアジア人だからこそ楽しめると思う。

|

消されたヘッドライン

Stateofplay
点数: 80点
原題: State of Play(陰謀の構図)
公式サイト: http://www.kesareta.jp/
試写会場: TOHOシネマズ六本木ヒルズ・スクリーン7(by eigafan様、いつもありがとうございます)
監督: ケヴィン・マクドナルド
出演: ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
ある夜、一人の麻薬中毒の若者が何者かに殺され、そばを通りかかったピザ配達の若者も背中を打たれて意識不明の重体になった。
翌朝、議員スティーブン・コリンズ(ベン・アフレック)の調査員兼愛人のソニアが、地下鉄で死亡する。
愛情のもつれによる自殺だとマスコミは書き立てるが、スティーブンの大学時代からの友人でワシントン・グローブ紙記者のカル・マカフリー(ラッセル・クロウ)の反応は違った。
かつて同じく大学時代の友人で、スティーブンの現妻アニーと肉体関係を持った罪の意識を持つカルは、スティーブンに負い目があるせいか、彼のことを新聞に取り上げる気になれない。
しかし、事件を追って行くうちに麻薬中毒の若者とソニアに関係があったことを知り、事件は予想外の方向に転換する。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
最近、こうゆうふうに、先が読めない映画が多いが、この映画も事実が明らかになるたびに驚かされ、最後まですごい楽しめた。
ラッセル・クロウとベン・アフレックが同級生には見えなかったが、そこはご愛敬。若づくりのラッセル・クロウもなかなかイケる。
トップニュースのために、入稿締切がどんどん伸びるんだけど、新聞の原稿ってあんなに遅くまで待ってくれるものなの?
新聞が出来上がるまでの工程が、エンディングで見れるのも楽しい。
地味な映画だから大ヒットすることは無いと思うが、万人にお勧めの映画。

|

ミルク

Milk
点数: 71点
原題: Milk(ミルク)
公式サイト: http://milk-movie.jp/enter.html
試写会場: 有楽町朝日ホール(via MIXIの方)
監督: ガス・ヴァン・サント
出演: ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
ニューヨークの保険会社に勤務していたハーヴェイ・ミルク(ショーン・ペン)は、地下鉄駅で出会ったスコット(ジェームズ・フランコ)とともに、自由を求めてサンフランシスコに移り住む。
ゲイが沢山集まるCastro Streetで写真屋を始めたハーヴェイは、ゲイやマイノリティーが社会から差別を受けている現実に耐えきれず、社会を変えようとサンフランスコ市の選挙に出馬する。
何度か落選した後、アメリカで初めてのゲイの市議が生まれた。
一方で、フロリダから発祥したゲイ差別の動きは、とうとうカリフォルニアまで迫っており、ハーヴェイはマイノリティの人権擁護のために戦い続ける。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
実話を元にしているので、あまり脚色できないのはわかるが、映画としてはちょっと単調な感じがした。
アメリカ人の間では有名な話で、細かいところの説明を映画でする必要が無いのかもしれないが、ところどころ意味がわからない箇所もあり、特にミルクを殺したダン・ホワイトの行動は疑問だった。
ディエゴ・ルナがどんな役かと思ったら、相変わらず頭がおかしな男の役。彼ってハリウッド映画でいつも変な役ばかり。私からすると、完璧なアメリカン・イングリッシュを話しているように聞こえるのに、相変わらずラティーノ扱いになっているのも疑問。
エンディング・クレジットで、本当のミルクとかまわりの仲間の写真が出るが、みんな映画の俳優さん達よりイケメン揃いで、そういえばCastro Streetのゲイの方々って、めちゃくちゃハンサムが多かったなー、と1985年に見物に行ったことを思い出した。
ゲイは反対じゃないけど、ハンサムな男が女に興味なくなるのは反対!

|

おっぱいバレー

Oppai_valley
点数: 71点
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/opv/
試写会場: 九段会館(via Hさん)
監督: 羽住英一郎
出演: 綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花、福士誠治、光石研、田口浩正
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
1970年代の北九州のとある中学校に、ある日美人女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任してきた。
いきなり顧問になったのは、バカ部と呼ばれている男子バレーボール部。
いまだかつて練習すらしたことない、ましてや試合もしたことない、頭がHでいっぱいの男子部員しかいない弱小部の顧問になった美香子。いきなり部員たちから、試合に勝ったらおっぱいを見せるという約束を無理やりさせられてしまう。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
綾瀬はるかの演技がビミョー!!で、もうちょっとうまく演出できなかったか疑問。
でも当時の中学生たちと同年代の私は、まあまあ当時の時代を想像できて、楽しかった。
福士クンの登場の短さとおじさんっぽさにびっくり。
青木崇高氏との関係をもうちょっと発展させてほしかった。
全体的に東映っぽい演出と思っていたら、エンディングクレジットで、Warner配給であることが発覚。何故綾瀬はるかの映画っているもWarnerなの?

|

スラムドッグ&ミリオネア

Slumdog_millionaire
点数: 73点
原題: Slumdog millionaire(スラム育ちの百万長者)
公式サイト: http://slumdog.gyao.jp/
試写会場: 新宿厚生年金会館大ホール(by USEN株主総会)
監督: ダニー・ボイル
出演: デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール
製作国: イギリス(2008年)

〈ストーリー〉
ムンバイのスラム街で育ったサリームとジャマールの兄弟は、ある日イスラム教徒刈りで母親を亡くし、否応なしに故郷を離れる。
故郷を離れるときに、たまたま一緒に逃げてきた少女ラティカにジャマールは一目ぼれするが、サリームはラティカに冷たい。
都会で、偽ガイドや、靴泥棒をしながから、なんとか生き延びた2人は、ラティカを探しに再びムンバイに戻る。
そこで、かつてひどい目にあわされた裏社会のボス、ママンを殺したサリームは、ムンバイのクロ社会に足を染め、ジャマール(イルファン・カーン)はラティカを追い続ける。
ラティカに会うために、ジャマールが取った行動は、大人気番組『クイズ・ミリオネア』に出演することだった。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
インドの貧乏な少年が、お金目当てでクイズ番組に出演する映画だと、勝手に思っていたら、実は、彼が求めていたのは、お金じゃなくて愛だったのにびっくりcoldsweats02
どんなに貧しくても、愛があれば生き延びれるという古今東西不滅のテーマを、人気クイズ番組にかけ合わせて、フラッシュバック形式で表現した監督は、映画作りがうまいと思う。
アカデミー賞を取る前に観たらもっと楽しめたかもしれないけど、下手に冠がついちゃったから、よっぽどすごい映画なのかとうがって見てしまうのがいけない。
もっと素直な気もちで観れたらよかったのに。
さらにインド映画独特の意味の無いダンスが最後に登場するが、あれをもっとふんだんに入れて欲しかった。そしたらもっとリアルにインドっぽさを感じれたのになあ。

|

60歳のラブレター

60sailoveletter
点数: 73点
公式サイト: http://www.roku-love.com/
試写会場: 九段会館(by Web一週間様、いつもありがとうございます)
監督: 深川栄洋
出演: 中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
大手建設会社を、定年退職した孝平(中村雅俊)は、30年間連れ添った妻と離婚して、愛人の会社の共同経営者になる第二の人生を始めた。
30年間、家族をまったく顧みない夫の元で、専業主婦として耐えて来た妻・ちひろ(原田美枝子)は、初めて働き始め、ホームヘルパーをしている女流翻訳家の麗子(戸田恵子)に勧められ、女らしく変わって行く。
一方60歳近くまで独身で生きてきた麗子は、妻に先立たれ年老いてから出来た一人娘と2人暮らしの、さえない医師・静夫(井上順)に好意を抱いていた。
ちひろの近所の魚やの夫婦・正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)は、かつてはグループサウンズに憧れ、お互いの見た目に魅かれて結婚したのに、今はかつて見る影もなく、あっちのほうもすっかりご無沙汰。しかし、ある日光江の体に異変が起きていることに気付く。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉(超ネタバレあり)
大体ストーリーが読める展開だったけど、冒頭でいきなり離婚するって宣言するのには驚いた。
あんな奥さんなんだから、当然離婚しないだろうって思ってたのに、今の熟年離婚ってあんなものなのかな?
もっと疑問だったのは、そこまで決意して、結局最後に仲直りするっていうのが、腑に落ちなかった。
だって、今まで散々イヤな思いして来て、散々悩んで離婚したのに、そんなに簡単にやり直せるのかと思うと、現実的には疑問だし、ちひろの立場から考えると、絶対同じ人間とやりなおさないほうがいいと思う。
ウチが一番近いのは、魚屋夫婦かなあ。お互いどっちが先に死ぬとか言い合って、最後まで長生きしたいものです。

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »