« 鴨川ホルモー | トップページ | スラムドッグ&ミリオネア »

60歳のラブレター

60sailoveletter
点数: 73点
公式サイト: http://www.roku-love.com/
試写会場: 九段会館(by Web一週間様、いつもありがとうございます)
監督: 深川栄洋
出演: 中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
大手建設会社を、定年退職した孝平(中村雅俊)は、30年間連れ添った妻と離婚して、愛人の会社の共同経営者になる第二の人生を始めた。
30年間、家族をまったく顧みない夫の元で、専業主婦として耐えて来た妻・ちひろ(原田美枝子)は、初めて働き始め、ホームヘルパーをしている女流翻訳家の麗子(戸田恵子)に勧められ、女らしく変わって行く。
一方60歳近くまで独身で生きてきた麗子は、妻に先立たれ年老いてから出来た一人娘と2人暮らしの、さえない医師・静夫(井上順)に好意を抱いていた。
ちひろの近所の魚やの夫婦・正彦(イッセー尾形)と光江(綾戸智恵)は、かつてはグループサウンズに憧れ、お互いの見た目に魅かれて結婚したのに、今はかつて見る影もなく、あっちのほうもすっかりご無沙汰。しかし、ある日光江の体に異変が起きていることに気付く。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉(超ネタバレあり)
大体ストーリーが読める展開だったけど、冒頭でいきなり離婚するって宣言するのには驚いた。
あんな奥さんなんだから、当然離婚しないだろうって思ってたのに、今の熟年離婚ってあんなものなのかな?
もっと疑問だったのは、そこまで決意して、結局最後に仲直りするっていうのが、腑に落ちなかった。
だって、今まで散々イヤな思いして来て、散々悩んで離婚したのに、そんなに簡単にやり直せるのかと思うと、現実的には疑問だし、ちひろの立場から考えると、絶対同じ人間とやりなおさないほうがいいと思う。
ウチが一番近いのは、魚屋夫婦かなあ。お互いどっちが先に死ぬとか言い合って、最後まで長生きしたいものです。

|

« 鴨川ホルモー | トップページ | スラムドッグ&ミリオネア »