« ノーカントリー | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

激情版 エリートヤンキー三郎

Eliyan
点数: 10点
公式サイト: http://eliyan.jp/pc/
試写会場: 有楽町朝日ホール(by WEB一週間様、いつもありがとうございます)
監督: 山口雄大
出演: 石黒英雄、板倉俊之、橋本じゅん、小沢仁志、小沢和義、仲間由紀恵、なだぎ武、竹内力
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
兄の大河内一郎(小沢仁志)&二郎(小沢和義)が、徳丸学園の総統だったため、入学早々かってに舎弟が出来て総統に祭り上げられそうな三郎(石黒英雄)は、実は気が弱くて普通の高校生活を送りたがっていた。
しかし三郎はおもらしするくらいの危険が身に迫ると、とてつも無いパワーを発揮し誰も手がつけられなくなる。
今回も入学早々、悪どもをすべて叩きのめし総統になってしまった。
一方金持ちなエリート警察官・如月(なだぎ武)は、全国の不良一掃計画を打ち立てて、徳丸学園に不良を集めて一網打尽にしようと思っていた。
そんなこととはつゆ知らずゲームセンターで出会った可愛い少女・春菜(山本ひかる)に恋してしまった三郎。しかし春菜は如月刑事の妹でとてつもない力持ちだった。
(公開前のためストーリーはここまで)

〈感想〉
こんなにくだらないストーリー+脚本をわざわざ映画化する理由って何?
私より前に座っている人達の中で、途中で出て行った人が2組4人はいたよ。
私も連れが一緒じゃなかったら、出たいくらいだったけど、誘った手前そうもいかず途中で寝てしまった。
『ギララの逆襲』とかと同様の低レベルおバカ映画なのはわかるけど、バカさ加減がCGに頼っている部分が映画的にも×。
唯一評価できるのは、変形した顔の特殊メイク。あれはけっこうすごいけど、このストーリーじゃ笑えません。
続編があるみたいなエンディングだったけど、絶対続編は作らないで欲しい。

|

« ノーカントリー | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »