« 誰も守ってくれない | トップページ | 余命 »

旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ

Asahiyama
点数: 76点
公式サイト: http://www.dare-mamo.jp/
映画館: 川崎チネチッタ(チネ12)
監督: マキノ雅彦
出演: 西田敏行、中村靖日、前田愛、塩見三省、六平直政、笹野高史、萬田久子、長門裕之、岸部一徳、柄本明
製作国: 日本(2008年)

〈ストーリー〉
旭川市営の旭山動物園にある日昆虫好きな青年・吉田強(中村靖日)が獣医としてやってきた。虫は好きでも人間付き合いが苦手な吉田だったが、園内の飼育係の面々もみな似たような変わり者ばかり。
そんな変わり者達をまとめつつ、財政難の市から動物園の費用を工面するために駆け回る園長(西田敏行)だったが、年々客足は遠のくばかり。
さらに高価なゴリラの相次ぐ死やエキノコックス病などの風評被害もあり旭山動物園は、まさに廃園寸前。
そんな中旭川市長として女性の平賀鳩子新市長(萬田久子)が就任する。
ここが正念場と園長が頑張り、なんとか修繕費を勝ち取った旭山動物園は、、、。
(公開間もないためストーリーはここまで)

〈感想〉
途中までの話は完璧良かったけど、赤字の貧乏動物園からいきなり場面が変わって、今の旭山動物園に変わったのはいただけない。
赤字時代の話はもっと短くして、途中途中でどんな変化があって、動物園が人気になったか知りたかったのに、、、、。
おまけに舞台の動物園がりっぱになっても昆虫好きな青年は20年前のまま。髪型もそのまんま、、、。
これじゃあリアリティに欠けませんか?いくらなんでも。
とはいいつつ園長役の西田敏行さんの演技がよくて、高得点です。

|

« 誰も守ってくれない | トップページ | 余命 »