« ワンダーラスト | トップページ | 禅 »

バンク・ジョブ

Bankjob
点数: 78点
原題: The Bank Job (銀行の仕事)
公式サイト: http://www.bankjob.jp/
映画館: 新宿武蔵野館(2)
監督: ロジャー・ドナルドソン
出演: ジェイソン・ステイサム、サフロン・バロウズ、リチャード・リンターン、スティーヴン・キャンベル・ムーア、ダニエル・メイズ、ピーター・ボウルズ
製作国: イギリス(2008)

〈ストーリー〉
中古車屋を営むハリー(ジェイソン・ステイサム)は、かつてはヤバイ仕事もしていたが今は気質になっていたが、借金だらけでうだつの上がらない生活をしていた。
そんな中、かつての恋人マルティーヌ(サフロン・バロウズ)に銀行強盗の話をもちかけられる。
愛する妻と子供たちのために一攫千金を狙うことを決意する。昔からの仲間ケヴィン(スティーヴン・キャンベル・ムーア)、元ポルノ俳優のデイヴ(ダニエル・メイズ)、詐欺師のガイ(ジェームス・フォークナー)、穴掘りの専門家バンパス(アルキ・デヴィッド)、口が上手なエディ(マイケル・ジブソン)にマルティーヌも含めた7人で銀行強盗を計画する。
目標はベイカー通りにあるLloys Bank。セキュリティシステムの入れ替えのため警報が働かない週末を狙って地下にある貸金庫を狙う。
しかし、この計画にはイギリス政府のMI-5がからんでいた。MI-5の狙いは、マーガレット王女がカリブで盗撮された乱交写真。この写真をネタにマイケルX(ピーター・デ・ジャージー)というインチキ黒人活動家からゆすられていて、彼の息の根を止めるために写真を奪いたかったのだ。
(公開されていない地域もあるので、ストーリーはここまで)

<感想>
シネマライズで大ヒットして非常に面白いというので、がんばって新宿まで観に行って来た。
平日昼間だってーのに7割くらいの座席が埋まっていて、これは映画が評判のせいか新宿という立地条件か。
映画の結末はこれまで何度も同じような手口が使われてきたせいか特に驚きはなかったが、これまで観た映画がこの実際にあった事件を元にしているからなのか?
私的に非常に楽しめたのはT-REXを始めとしたおしゃれな70代の音楽に、ジェイソンがぴったりはまること。
今までイギリスが舞台の映画にジェイソンが出ているのを観たことがなくて、ジェイソン以外の人も(ほぼ)すべてイギリス英語を話してて、彼がとっても自然に見えて格好良さ倍増!
やっぱり彼はイギリスで右ハンドルの車に乗って演じて欲しいなあ。
相手役の彼女も美しかったし。
アクションスターで売ってるけど、アクションが無いジェイソンの映画ももっと観たいな。

|

« ワンダーラスト | トップページ | 禅 »