« ブロークンイングリッシュ | トップページ | 永遠のこどもたち »

魔法遣いに大切なこと

Mahotsukai
点数: 50点
公式サイト: http://www.maho-movie.com/
試写会場: シネマート六本木
監督:中原俊
出演:山下リオ、岡田将生、田中哲司、木野花、余貴美子、永作博美、太賀
製作国:日本(2008年)

〈ストーリー〉
北海道の美瑛町に母親と2人暮らしの鈴木ソラ(山下リオ)は、16歳。魔法遣いだった父との約束で、国家公認の魔法士になるべく東京へ10日間の研修に出かけた。
そこでは魔法遣いの家にホームステイしながらOJTを受け、かつ午後から講義の過酷な研修が待っていた。
一方ソラと同じ家にホームステイする豪太(岡田将生)は、研修の通知が来るまで自分が魔法遣いだということしら知らず、魔法遣いであるがためにプロサーファーの夢をあきらめなくてはならず、ふてくされていた。
当初魔法がまったく遣えなかったが、ソラの手助けもあり魔法が使えるようになる。
お互い心を通わせてほのかな恋心が湧いた二人だったが、ソラの残された時間は限られていた。

<感想>
脚本が悪いのか、演出が悪いのかわからないが、せっかくいい役者さん使っているのにセリフがウソ臭くてひどい出来になっていた。
今テレビでやっている昼ドラ『ラブレター』の山下リオちゃんがイケメンさんの岡田クンと恋をする可愛い映画かと思っていたのに、なんだか焦点がボケてて何が言いたいのかよくわからなかった。
旭川の方言もイマイチだし。
日曜日だってーのに観客が10人にも満たなくて、客の少なさが映画の出来を物語っているかのようだった。

|

« ブロークンイングリッシュ | トップページ | 永遠のこどもたち »