« 252生存者あり | トップページ | かけひきは恋のはじまり »

WALL・E/ウォーリー

Walle
点数:69点
原題:WALL-E(ウォール・イー)
公式サイト: http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/index.html
試写会場:ウォルト・ディズニー試写室(via Aさん、いつもありがとうございます)
監督:アンドリュー・スタントン
出演:フレッド・ウィラード
製作国:アメリカ(2008)

〈ストーリー〉
ウォーリーは700年以上も一人ぼっちで地球でゴミ処理しているロボット。ゴミ処理しながら、自分が気に入った品々を家に持ち帰ってコレクションし、かつて地球に人間が住んでいた時代に作られたビデオテープを観て楽しんでいるが、彼の唯一の友達は地球に残っている唯一の生命体・ゴキブリのみ。
そんなある日地球の外からイブというロボットがやってきて、ウォーリーは初めて出来た友達に大喜びするというのが、イブはウォーリーが見つけた植物の苗を見つけると体の中に隠して、固まってしまう。
イブが植物ロボットになってもかいがいしく寄り添っていたウォーリーだったが、ある日いつものようにゴミ処理に出かけている間にイブが宇宙船に収容されてしまい、それを追いかけてウォーリーもイブを追いかけて宇宙船に乗りこむが、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想〉
今年初めからずっと劇場予告が流れ、どんな内容か期待していたが、意外にもテーマが重すぎた。
もっとE・Tみたいな単純に泣ける映画を期待していたのに、実はゴア元副大統領が作ったんじゃないかと思うくらい、ゴミや公害問題を前面に押し出した映画。
イヤ、それ自体が悪いとか言っているわけではなくて、私だってもうずっと前からゴミ問題は考えてますよ。
そうじゃなくて私が不満だったのは、一見「夢物語」みたいに予告編を作っておいて、実はテーマがこんなに重いってこと。
これなら最初っから環境問題に興味がある人向けのキャンペーンも行ったほうがいいのでは?
実際WALL・Eみたいな世界もやって来そうだし。
さらにWALL・Eの中では、極端なバーチャル世界の欠点を前面に押し出している。人間、バーチャルなだけで生きて行けるなら楽なのにね。

|

« 252生存者あり | トップページ | かけひきは恋のはじまり »