« GSワンダーランド | トップページ | デスレース »

ラブファイト

Lovefight
点数:60点
公式サイト: http://lovefight.jp/main.html
映画館:川崎チネチッタ(チネ7)
監督:成島出
出演:林遣都、北乃きい、大沢たかお、桜井幸子、波岡一喜、藤村聖子、鳥羽潤、健蔵、三田村周三、ツナミ、Fジャパン
製作国:日本(2008)

〈ストーリー〉
ミノル(林遣都)は、幼稚園の頃から筋金入りのいじめられっ子。幼なじみのアキ(北乃きい)にいつも守られてきた。
高校生になったアキは見た目は美しく人気者。ヘタレのミノルがアキの彼氏と知れると男どもからさらにいじめられるミノルだったが逃げ足とパンチをかわすのだけは上手くなっていた。
いじめられている最中を助けてもらった元プロボクサーのジムに通うことになって張り切るミノルだったが、そんなミノルを追い掛けてアキもジムに入会する。アキを倒すことがミノルの夢だったのにアキは持ち前の才能でめきめき腕を上げていく。
(公開間もないので、ストーリーはここまで)

〈感想〉
若い二人が中心のラブコメかと思っていたら、大人のドロドロがやたらと絡み、さらにそのドロドロに若者達も絡まれてしまうというわけのわからない映画だった。
見る前に時間を調べたら妙に長いので嫌な予感はしてたが波岡クンと大沢たかお氏の絡みの部分で、完璧にこの映画が私が期待していたものからハズレていると確信した。
北乃きいと大沢たかおの絡みなんかもっと軽くていいでしょう。ましてわ林クンと桜井幸子の絡みなんて全く必要なし。
予告編と本編が違う映画は多々あるけど、これほどまでに違うのははっきり言ってサギじゃないかと思った。
もうちょっと『ラブ★コン』みたいに軽く若者の恋を純粋に描いて欲しかった。

|

« GSワンダーランド | トップページ | デスレース »