« エグザイル/絆 | トップページ | WALL・E/ウォーリー »

252生存者あり

Seizonshaari
69点
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/252/
試写会場: 東京国際フォーラム・Aホール(by HMV様 via Oさん、いつもありがとうございます)
監督: 水田伸生
主演: 伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、香椎由宇、木村祐一、MINJI、山本太郎、桜井幸子、大森絢音、杉本哲太
製作国:日本(2008年)

<ストーリー>
小笠原沖で起きた直下型地震のせいで、海水が異常に上昇し、それが原因で東京を直撃する巨大台風が起きた。
かつてハイパーレスキュー隊だったユウジ(伊藤英明)は、娘・しおりの誕生日を祝うために銀座に来ていた。デパートから外に出ると、こぶしよりも大きなヒョウが降り人や町を攻撃する。
新橋駅にいる娘と妻(桜井幸子)に会うため、地下鉄に乗って行くと新橋駅はパニックに陥った人々でごった返していた。
ホームの片隅でおびえるしおりを見つけたユウジだったが、地下鉄のトンネルから入って来た津波に流され、気づいたときには回りは死体だらけだった。
それでもしおりを含め数人の生き残った人々を安全な場所に誘導し、地上にいる兄(内野聖陽)を含むハイパーレスキュー隊の助けを待つのだった。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
伊藤英明クンと言えばパニック肉体派映画!ってことで、この映画も見事にせまいところに取り残されちゃいますよー。
水もいっぱい入ってくる。
スーパーマンより強い彼は、人々をまとめて最後まで頑張ります。
っつーか、この強靭さはありえないでしょう?こんなに強かったら、ハルクよりスーパーマンより、スパイダーマンよりすごいって。
日テレ製作のせいか『海猿』に対抗するためか、フジテレビを思いっきり破壊するシーンが、、、、。
新橋駅が崩れるくらいなら、日テレの社屋も当然崩壊してるでしょう。
『海猿』に負けず劣らず突っ込みどころ満載だけど、山本太郎さん始め(?)出演者が豪華なのでそこが見もの。
山本太郎さんをかつげるなんて伊藤英明クンすごい!!!サラリーマンや父親役も堂に入って、ますます好きになっちゃいました。

|

« エグザイル/絆 | トップページ | WALL・E/ウォーリー »