« 三本木農業高校、馬術部 | トップページ | ウォンテッド »

ファン・ジニ

Hwangjiny
69点
原題: 黄真伊 (フアン・ジニ)
公式サイト: http://www.cinemacafe.net/official/hwangjiny/
試写会場: 新宿明治安田生命ホール(by キネマ旬報様)
監督: チャン・ユニョン
出演: ソン・ヘギョ、ユ・ジテ、リュ・スンリョン、ユン・ヨジョン、オ・テギョン、チョン・ユミ
製作国: 韓国(2007年)

<ストーリー>
松都の両班・黄家の娘として美しく成長したチニ(ソン・ヘギョ)は、15歳で漢陽の両班に嫁ぐはずだったが、彼女の出生の秘密を知った相手方から破談を言い渡される。
実は好色な父親が使用人を手ごめにして生まれた娘がチニだったのだ。
生みの母親は黄家を出た後、妓生となり国中を渡り歩いていたが、松都のチニのことをいつも気にしていたのだ。
一方幼くして両親を亡くし、黄家に引き取られたノミ(ユ・ジテ)は、チニを祭りに連れだした罰で家を追い出されるが大きくなって黄家に戻って来て再びチニと顔を合わせる。
出生の秘密を知り、生みの母親同様妓生となることを決めたチニは、両班妓生として瞬く間に人気妓生となる。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
テレビドラマは初回しか観ていないが、あまりにもストーリーが違っててびっくり。
ノミとチニはすごい魅かれあうことになっているが、そこにいたるまでのエピソードが少なすぎて、何故あそこまで愛し合うのか理解できない。
ただ妓生がどんな職業なのかよくわかるので、そこがいいところかも。
ユ・ジテ演じるノミが何故あそこまで民衆に尽くすのか、何故あんなに文武にたけっているのかもよくわからず、小説を読んだ人のみ知る謎がいっぱい。
映画観てから小説を読みたくなる人続出かも。

|

« 三本木農業高校、馬術部 | トップページ | ウォンテッド »