« ああ、結婚生活 | トップページ | 三本木農業高校、馬術部 »

ヨコヅナ・マドンナ

Yokozunamadonna
69点
原題: 천하장사 마돈나(天下壮士マドンナ)
公式サイト: http://www.yokozuna-madonna.com/index.html
試写会場: 新橋ヤクルトホール(by cinemacafe様、allcinema様、日韓文化交流基金様)
監督: イ・ヘヨン、イ・ヘジュン
出演: リュ・ドックァン、キム・ユンソク、イ・オン、パク・ヨンソ、ぺク・ユンシク
製作国: 韓国(2006年)

<ストーリー>
港町・仁川の、ちょっと太めの男の子オ・ドングは、マドンナのような格好いい女性になるのが夢。
高校の日本語教師(草なぎ剛)に恋して、妄想を抱く。
ドングは性転換手術のため、力仕事のアルバイトで500万ウォンを貯めていたが、父親が暴力事件を起こしその示談金で貯金は消えてしまう。
ある日韓国相撲のシルム大会で優勝すると500万ウォンの賞金がもらえることを知り、シルム部に入るが、、、、。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
もっと韓国っぽいギャグ映画かと思ったら、意外にも真面目に人生を悩む男の子の物語だった。
特に酔っ払いのお父さんとの確執はまるで巨人の星。
どこでもちゃぶ台ひっくり返すお父さんっているのね(っていうかちゃぶ台がある国限定だけど)。
「日本語教師役で草なぎ剛が出ている」とネット情報であったので、ほんのチョイ役かと思ったら、思いっきりセリフはいっぱいあるし、登場箇所も何度もあってチョイ役なんてもんじゃない。そんな中、顔さえ見なければただの韓国人かと思うくらいスラスラと上手にセリフと演技をこなす草なぎ氏に目がクギ付けになってしまった。だってスマスマみたいな役だったんだもーん!

|

« ああ、結婚生活 | トップページ | 三本木農業高校、馬術部 »