« 闇の子供たち | トップページ | ギララの逆襲 »

同窓会

Dousoukai
70点
公式サイト: http://www.dousoukainet.com/dousoukai/index.html
試写会場: 一ツ橋ホール(via Dさん)
監督: サタケミキオ
出演: 宅間孝行、永作博美、鈴木砂羽、二階堂智、阿南敦子、飯島ぼぼぼ
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>
高校の同級生・雪(永作博美)と結婚したかっつこと克之(宅間孝行)は、映画製作会社の社長で映画監督。
自分が制作する映画の主演女優と浮気中で、彼女のために雪に離婚届を突き付けると、雪はあっさり離婚届けに判を押した。
しかし2人の離婚に猛反対なのは、かつての地元の同級生たち。
離婚したものの雪に対する未練タラタラの克之だったが、離婚後雪の体調に起きたある異変を元に彼はふたたび愛する雪のために奔走する。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
これって絶対監督自身に起きた出来事を元にしたストーリーだって。
違うの?だとしたらこの方、ものすごい想像力やポケットをお持ちなんじゃない。
なんで舞台が島原なの?なんで雪はあんなにモテるの?かっつのどこが良くて雪は結婚したの?
などなど疑問がいっぱい。
でも楽しい映画です。
物語が展開したときから2人のラストは想像ついたけど、中垣クンのことは最後までまったく予想できなかったな。
あの結末を予測できる人は絶対中垣クンと同じタイプの方だけです。
そういう意味じゃ、かっつと雪のことを見守るというよりは中垣クンのことを追い続けて見ても楽しいかも。

|

« 闇の子供たち | トップページ | ギララの逆襲 »