« 神様のパズル | トップページ | ぐるりのこと。 »

花より男子F(ファイナル)

Hanadan
60点
公式サイト: http://www.hanadan-final.jp/index.html
試写会場: 日本武道館(by オズネット様)
監督: 石井康晴
主演: 井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿倍力
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>
いよいよ結婚が間近となり結納の品として道明寺(松本潤)の母から道明寺気に代々伝わる品として時価100億円とも言われるティアラ「ヴィーナスの微笑」をもらったつくし(井上真央)。
しかしそのティアラが結納当日に何者かに奪われてしまう。
ティアラが奪われたホテルのオーナー(藤木直人)を探しにアメリカのラスベガスに旅に出かけた道明寺とつくし。
その後F4の面々の手助けでみんなで香港に飛んでティアラを自分たちの手に取り返すが、、、。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
奇跡的に当選した完成披露試写会で観た。
実は映画そのものは、とてもじゃないけど純粋な映画ファンに映画として観ろとはとても言えないような出来栄え。
これはあくまでもテレビドラマの『花より男子』ファンのために最終章を映画として作った作品だと言える。
ドラマのファンだった私は、物語の結末が知れてそれなりに楽しめたけど、ドラマをまったく観ていない人にはお勧めできない。
あえて言うならどうしてもこの映画を観たいなら、先にレンタルDVDでドラマを観てから出かけたほうがより楽しめると思える。
で、ドラマファンの私としてはドラマで観たつくしやF4の面々が生で観れた完成披露試写会は結構楽しめた。
通常なら試写会の場合、舞台挨拶は映画の前だが今回はまず映画を上映してから挨拶となったのでネタバレがあってもいいし、映画の中の人物が目の前に現れるのでより楽しめる。
これからの試写会も舞台挨拶は最後にしてくれないかなあ。

|

« 神様のパズル | トップページ | ぐるりのこと。 »