« 砂時計(2回目) | トップページ | アフタースクール »

軍鶏

Shamo
62点
原題: 軍鶏
公式サイト: http://www.shamo-movie.jp/
映画館: シアターイメージフォーラム
監督: ソイ・チェン
主演: ショーン・ユー、魔裟斗、ディラン・クォ、ブルース・リャン、石橋凌、フランシス・ン
製作国: 香港(2007年)

<ストーリー>
有名私立高校に通い裕福な家庭に育った成嶋亮(ショーン・ユー)は、ある日両親を刺殺した罪で少年院に入る。少年法の適用でどんなに極悪な罪を犯しても2年でシャバに出れる亮だったが、少年院で仲間から親殺しとして激しいイジメや強姦にあったり、院長(石橋凌)からも冷たい仕打ちに会うなど辛い日々を送っていた。
ある日そんな亮の前に空手の師範(フランシス・ン)がやって来て亮の才能を見出した師範は亮に空手の極意を教える。
2年後、体も精神も極悪なまでに鍛えられた亮はシャバに出て妹の夏美を探し風俗街をうろつく。そこで同じ夏美という名前の女性と知り合い恋仲になり、さらに少年院時代からの友人とともにLeathal Fighter(F1みたいなもの)という最強の男を決める試合を目指しトレーニングに励む。
亮を極悪人として悪役に仕立てようとする興行主は、亮をリング上で殺そうとLFに出場させるがそこで殺されるはずの亮は勝ってしまう。しかし試合を無効とされ怒りを覚える亮。
探していた妹の夏美が見つかり、亮は最愛の妹が精神を犯されていることと自分が妹をかばうために必死で生きていたことを思い出し、世間の冷たい扱いを変えさせるには現在チャンピオンの菅原直人(魔裟斗)を倒すしかないと誓う。

<感想>
ほとんどの劇場が日本語吹き替え版だったため、原語版で上映しているイメージフォーラムまでわざわざ出向いた。
終映間近のせいか、客は私ともう1人の男性のみという贅沢さ。
香港語原音にこだわったわりには石橋凌とか変な広東語吹き替えになっているし、恋人役の夏美は北京語しゃべっているし、こだわる必要なかったかと後悔。「ビンゴー ハイ ハーメイ(夏美は誰だ)?」との問いに「ウォーシーシアーメイ(私が夏美よ)」と同じ「夏美」の音が「ハーメイ」と「シアーメイ」の2種類になってやたらとややこしかった。
当初ストーリーがまったくないかのようだったが、終わり近くになってようやくストーリーの始まりが読めた。
原作を知っている人ならアクション部分だけで楽しめたかもしれないけど、そうじゃない人のためにもうちょっと少年院に入る前のことや少年院時代の亮の心理を丁寧に扱ってほしかったな。

|

« 砂時計(2回目) | トップページ | アフタースクール »