« アフタースクール | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »

クライマーズ・ハイ

Climbershigh
73点
公式サイト: http://climbershigh.gyao.jp/
試写会場: 九段会館(by 映画生活様)
監督: 原田眞人
主演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>
北関東新聞の敏腕記者・悠木(堤真一)は、お盆休みに同僚の安西(高嶋政宏)と一緒に登山するためにまさに帰宅する寸前だった。そこへ500人以上を乗せたジャンボ機がレーダーから消えたというニュースが流れ足止め食らう。
この事件を追う総指揮官として社長から任命された悠木は、これまでの地方紙の古い体制を変えるべく、また全国紙に負けないスクープをつかもうとやっきになる。
しかし悠木がいくら必死になっても、社内のひがみや嫉妬や陰謀が渦巻く中では空回りになりがちだった。
(公開まで間があるためストーリーはここまで)

<感想>
ストーリー的にはすごくいいと思うけど、結果的に何がどうなったという明確なオチがないところが私的にはちょっと、、、。
でも近来見ないくらいの堤氏の迫真の演技+でんでん氏はじめ回りのリアリティあふれる演技は絶妙!
当時のストーリーだけでもいいのに、現代のストーリーを入れる必要があったのか。
映画の大半を見ても主人公が家族を異常に欲している風には見えないし、、、、。編集が悪いのかなあ。
そのへんをばっさり切り捨ててもうちょっと短く120分以内に収めてくれたらもっとよかったかも。

|

« アフタースクール | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »