« アウェイ・フロム・ハー 君を想う | トップページ | 花より男子F(ファイナル) »

神様のパズル

Kamisama_puzzle
65点
公式サイト: http://www.kami-puzzle.com/
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: チネ2
監督: 三池崇史
主演: 市原隼人、谷村美月、松本莉緒、田中幸太朗、岩尾望、黄川田将也、石田ゆり子
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>
出来が良くて理系大学に通っている双子の弟・喜一(市原隼人)が旅行にでかけるため、代わりに大学に代返のため通うことになった基一(市原隼人)。
通常の授業だけじゃなくて物理のゼミにも出席することとなり、ゼミのテーマを決めることになる。テーマは『宇宙の作り方』。
他の生徒はそのテーマはあり得なくてバカバカしいと思ったが、アメリカから帰国した天才少女・穂瑞(谷村美月)はこのテーマが気に入りゼミに参加することとなった。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
前半は、通常の市原クン主演の映画同様奇抜で面白くて楽しめたが、後半からまるで『日本沈没』みたいなパニック+事件物ムービーになっちゃって、そうなると主題が何なのかブレてしまい楽しくなくなってしまった。
パニックムービーだとしても出演している人がおちゃらけ系ならまだ楽しめるのに、遠藤 憲一氏が出てきたりすると妙に真剣っぽくなってしまった。遠藤さんが悪いんじゃなくて、何が言いたかったのかな。この映画。
『DIVE!』といいこの映画といい角川映画は最近イマイチかも、、、、。

|

« アウェイ・フロム・ハー 君を想う | トップページ | 花より男子F(ファイナル) »