« マンデラの名もなき看守 | トップページ | 幻影師アイゼンハイム »

DIVE!!

Dive
68点
公式サイト: http://www.dive-movie.jp/
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: チネ4
監督: 熊澤尚人
主演: 林遣都、池松壮亮、溝端淳平、瀬戸朝香、光石研、蓮佛美沙子、江守徹
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>
小さな頃、飛び込み台から飛ぶ要一(池松壮亮)を見て憧れてダイビングクラブに入会した知季(林遣都)。
父親兼コーチ(光石研)の要一が飛び込みのサラブレットだとしたら知季は、その他大勢の一人だったが、ある日ダイビングクラブの存続が危うくなり、オリンピック選手を出さないとつぶれることになった。
オリンピック選手を育てるために新任コーチとして麻木夏陽子(瀬戸朝香)がやって来たが、飛び込みどころか陸上の訓練ばかりやらされることに。さらに青森から飛び込みの有力選手・沖津飛沫(溝端淳平)を呼び寄せたりして、クラブのメンバーたちは不信感を抱くようになる。
麻木から「ダイヤモンドの目を持つ少年」と言われた知季は、もって生まれた才能を生かそうと自分の壁をやぶろうと努力するが、、、、。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
『砂時計』で好演した池松クンの演技が観たくて初日舞台挨拶付きの会に行った。
しかしまわりの観客は溝端淳平目当ての女子高生だらけでちょっと引いてしまった。
映画自体は悪くは無いが、最初から結末がわかってしまうストーリーがイマイチかな。
主演の3人以外のダイブボーイズもそんなイケメンさんじゃなくて、テレビのウォーターボーイズなみの可愛い子と揃えられなかったのかしら?
知季が中学生という設定なのに、恋愛でやぶれるストーリーも不要のような。だいたい弟に彼女取られるって、中学生でアリ??
池松クンの次回作に期待。

|

« マンデラの名もなき看守 | トップページ | 幻影師アイゼンハイム »