« ザ・マジックアワー | トップページ | ミラクル7号 »

砂時計

Sunadokei
80点
公式サイト: http://www.sunadokei-movie.jp/index_pc.html
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: チネ6
監督: 佐藤信介
主演: 松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮、塚田健太、岡本杏理、戸田菜穂、高杉瑞穂、伴杏里、風間トオル、藤村志保
製作国: 日本(2008年)

<ストーリー>(完全ネタバレなので注意)
父親(風間トオル)の会社が倒産して、がむしゃらにがんばって働いて来た母(戸田菜穂)とともに母の実家がある島根に戻ってきた杏(夏帆)。
近所の人が噂話する中、突然近所の同級生・大吾(池松壮亮)に働けと言って薪運びをやらされる杏。
なんとか地元に溶け込みつつあった杏だったが、ある夜母が杏をおいて出て行き死体で発見される。
一人ぼっちで悲しむ杏に「俺が一生そばにいてやる」と誓う大吾。
大吾との恋が順調な中学3年生のある日、父親が杏を迎えに来て一緒に東京に行くことになった。母親からもらった砂時計を大吾に託す杏。
離れても気持ちが変わらない2人だったが、田舎の友達で東京の高校に進学したフジが杏に会いに来ていきなりキスされる。
夏休みに島根に帰った杏はそのことが後ろめたくて、せっかく大吾との再会もぎこちなくなってしまう。
自分とどこか似て暗い面があるフジ。フジも杏のことがずっと好きだったと告白され、それを見ていた大吾がフジを殴る。
翌日大吾の小さな頃から隠れ家にしていた山小屋で結ばれる杏と大吾。
フジの妹・椎香から自分勝手だと非難されて大吾を自分から自由にしてあげることを決意する杏。
それから12年後、東京で別の男と婚約した杏は婚約者と一緒に母親の墓参りに戻ってきた。
同窓会で大吾を再開した杏は、砂時計を返される。
東京に戻ってからも大吾とのことが頭を離れず、秘密を隠していたことを婚約者にとがめられ結婚は破断になる。
傷心と不安からかつて母親と歩いた海岸で自殺を計った杏は、大吾に助けられる。
一命を取り留めた杏は、大吾から「今度は俺を幸せにしてくれ」とプロポーズされ、「もちろん」と素直に受け止めるのだった。

<感想>
少女マンガが原作でベタでうっとおしそうなストーリーだとは知りつつ、かつてドラマをちょこっと見ていたせいか、どうしても気になって、ダンナを連れて夫婦50割引を初めて利用して観に行った。
夏帆ちゃんが相変わらず素敵で、キスシーンも板についてきたのに初々しくて光っていた。
でもこの若さでベッドシーンって????とオバさんは面喰ってしまった。
ベタベタな少女マンガチックなストーリーだけど、だからこそかつての少女マンガ・ファンとしてはベタベタに泣けた。
大人になった二人より高校生カップルの主役の2人のほうが圧倒的にいい。
本当にマンガを見ているみたいで、思いっきり初恋の雰囲気に浸れた。
原作に忠実に高校生の2人を起用しているのがいい。これを20歳超えた大人が高校生のフリして演じたら実感湧かないものね。
本当にベタだけど、観てよかったと思える映画。

|

« ザ・マジックアワー | トップページ | ミラクル7号 »