« 恋の罠 | トップページ | ゼア・ウィル・ビー・ブラッド »

光州5.18

Kuangju518
75点
原題: 화려한휴가(華麗なる休暇)
公式サイト: http://www.may18.jp/
映画館: 109シネマズ川崎(スクリーン1)
監督: キム・ジフン
主演: アン・ソンギ、キム・サンギョン、イ・ヨウォン、イ・ジュンギ、ソン・ジェホ、ナ・ムニ、パク・チョルミン、パク・ウォンサン、ソン・ビョンホ
製作国: 韓国(2007年)

<ストーリー>
光州でタクシー運転手をするミヌ(キム・サンギョン)は、両親亡きあと小さな頃から自分の手で育てた優秀な弟ジヌ(イ・ジュンギ)を心から可愛がっていた。
その一方ジヌが通う教会で会うシネ(イ・ヨウォン)に心を寄せるようになり、同僚のインボン(パク・チョルミン)に女性の口説き方を教わったりして平和な日々を過ごしていた。
しかしある日、空からやってきた戒厳軍が光州の町で民主主義運動を繰り広げる民衆を無差別に攻撃するようになり光州の町は緊迫感が漂うようになる。
ある日友達が軍に殺されたことに腹を立てたジヌがデモの最中にミヌの目の前で銃弾に倒れたことからことなかれ主義だったミヌも平和のために戦うようになる。

<感想>
何故かここ3作品たまたま韓国映画が連続した。
中でも一番お金がかかっていてキャスティングもいいこの映画はさすがによくできていた。
特にシネの父親役で市民軍の隊長をするアン・ソンギは演技もうまいし、格好良さすぎ。
今まで彼の作品を観たことがあったかどうかわからないが一辺で好きになってしまった。
光州は1度だけ数時間乗り換えのために滞在しただけだが、そこで道を訪ねた学生に超まずい洋食屋を紹介されて、そのイメージしかなかったがそのときからたったの11年前にこんな悲惨な事件が起きていたなんて当時ですら想像できなかった。
当時はなんか暗いイメージの町だなあとしか思わなくて。でも映画館の前とか通ったから多分この映画の舞台になった場所も歩いたんだろうなあ。
当時は全羅南道から大統領が出ることなんか100%ありえないと言われていたのに、金大中氏も大統領になったし時代が変わったことを感じるなあ。
ちなみに109シネマズ川崎の初日は前列2列以外は満席という大盛況。予告編の後場内の灯りががついちゃうというハプニングもあったけどこの映画の事件性を象徴しているのかも。

|

« 恋の罠 | トップページ | ゼア・ウィル・ビー・ブラッド »