« 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~ | トップページ | リボルバー »

幸せになるための27のドレス

27dresses
70点
原題: 27 dresses (27着のドレス)
公式サイト: http://movies.foxjapan.com/27dress/
試写会場: 九段会館(via Aさん by にっかんスポーツ)
監督: アン・フレッチャー
主演: キャサリン・ハイグル、ジェームズ・マースデン、エドワード・バーンズ、マリン・アッカーマン、ジュディ・グリア
製作国: アメリカ(2008年)

<ストーリー>
ブライドメイドとして友人の結婚式のためならどんな苦労もいとわないお人好しのジェーン(キャサリン・ハイグル)。環境関連の会社で働く彼女は、社長でジェーンの仕事ぶりを頼りにしているボス、ジョージ(エドワード・バーンズ)のことがずっと好きだった。
しかしある日ジェーンの美人でわがままな妹・テス(マリン・アッカーマン)を同僚の婚約パーティに呼んだところ、あこがれのジョージとテスが恋に落ちてしまった。
"No"と言えないジェーンは舞い上がるテスを目の前に自分の気持ちを打ち明けられない。
そんなジェーンに興味を持った結婚覧専門の新聞記者・ケビン(ジェームズ・マーズデン)は自分のキャリアのためにジェーンを利用しようとするが、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
かつてはアメリカのラブ・コメが好きだったけど、ここんとこ趣味が変わったせいかとんと観なくなったなー。
でもこの映画は予告編を何度も観て面白そうだったので、とっても期待して観た。
アメリカというよりも現代の日本でもまったく同じような悩みを持つ人が多そうなので、そういう方々から共感を得るにはうってつけの映画。
特に「No」と言えない人が多い日本人から見てジェーンみたいな人がアメリカにも存在することがわかるだけでも楽しい。
ただ女性から見たラブ・コメとしては、男優陣が魅力的でないところがちょっとマイナス。
私の目にはセクシーにもキュートにも写らなかったけど、アメリカ人女性からするとあの男性2人はキュートなのかしら????

|

« 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~ | トップページ | リボルバー »