« ファヴェーラの丘 | トップページ | カンフーくん »

愛おしき隣人

Itosikirinjin
60点
原題: Du levande/YOU, THE LIVING (あなた、その生活)
公式サイト: http://www.kittoshiawase.jp/
試写会場: サイエンスホール
監督: ロイ・アンダーソン
主演: ジェシカ・ランバーグ、エリザベート・ヘランダー、ヤン・ヴィクブラダー、ヨルゲン
製作国: スウェーデン、フランス、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、日本(2007年)

<ストーリー>
泣き叫びながら恋人と犬に、あっちへ行け、もうあんたたちなんかいらない、といいながらもいざ一人ぼっちにされそうになると「私も帰る」という女。
教室に入るなり泣き出し、生徒たちからどうしたかと聞かれると、朝夫とけんかしてひどいことを言われたという女性教師。
バーで見かけた憧れのロックバンドのギタリストと恋に落ちる夢を抱き、彼と結婚する夢まで見てしまう女の子。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
古今東西を問わずどこにでも日常にいそうな隣人の姿を短いドラマで次々に表して行く変わった手法の映画。
ぜんぜん関係無い人たちもいれば、どこかですれ違っている人たちもいて、そのうちみんなシンクロするのかと期待させられてしまう。
全体的に寒い国独特の色のない部屋と色の無い屋外。
それが意図的なものなんだろうけど、なぜか氷のかまくらの中で撮影されたみたいな北欧チックな画像。
それよりも何よりも、凡人の私には何がおもしろいのか理解できない場面が多々あり。結構笑っている人もいたが、私は全体で1回か2回くらいしか笑えなかった。
これって、映画なのかなあ。

|

« ファヴェーラの丘 | トップページ | カンフーくん »