« 僕の彼女はサイボーグ | トップページ | 恋の罠 »

ブレス

Breath
70点
原題: 숨(息)
公式サイト: http://www.cinemart.co.jp/breath/
試写会場: TOKYO FM ホール(by ぱど様)
監督: キム・ギドク
主演: チャン・チェン、パク・チア、ハ・ジョンウ
製作国: 韓国(2007年)

<ストーリー>
お金に不自由がない主婦のヨン(パク・チア)は、夫と心が通わなくなって久しい。
ある日、テレビのニュースで死刑囚のチャン・ジン(チャン・チェン)が、2度目の自殺未遂をはかったというニュースを観る。
ヨンがチャン・ジンのニュースを見ているのに、かってにチャンネルを変える夫には以前から愛人がいるのを知っていて、ある日とうとう堪え切れなくなって家を飛び出したヨンはその足でチャン・ジンに面会に行く。
初対面で心が通じ合った2人は、好奇心が旺盛な看守の元情事を重ねて行くが、、、、。
(公開まで間があるためストーリーはここまで)

<感想>
キム・ギドク監督特有の主人公はまったく言葉を発せず、目や行動で意志を表現する。
「うつせみ」を観て衝撃を受け、キム・ギドク監督が好きになった私には、今回の映画はちょっともの足りないかも。
というのは「うつせみ」の主人公2人に当たるのが、この作品では主人公のチャン・ジンとその●●という設定が、だから『ブエノスアイレス』に出たチャン・チェンを使ったの~?って思えてしまうから。
全体的には、キム・ギドク節が全面に出ててよかったけど、同じ刑務所+死刑囚ものとしては、今月観た『休暇』があまりにも良すぎたので、印象が薄れちゃいました。
エンディング・クレジットを見てたらキム・ギドク監督ご自身が保安●●役で出演されていたみたい。
韓国語が全部読めないから「保安何員」なのかわからないけど、多分受付にいた人だよね。違うかな?

|

« 僕の彼女はサイボーグ | トップページ | 恋の罠 »