« ブレス | トップページ | 光州5.18 »

恋の罠

Koinowana
73点
原題: 음란서생(淫乱書生)
公式サイト: http://www.cinemart.co.jp/koinowana/
映画館: シネマート新宿
監督: キム・デウ
主演: ハン・ソッキュ、イ・ボムス、キム・ミンジョン、オ・ダルス、アン・ネサン、キム・ビョンオク、キム・レハ
製作国: 韓国(2006年)

<ストーリー>
代々続く名家の両班ユ・ソン(ハン・ソッキュ)は、宮廷で弟が半殺しの目に会っても物申さぬほどの大人しく従順な男。
ある日、王妃(キム・ミンジョン)が描いた絵の贋作を捜索して成功したことから、王妃の気を惹く。
一方、贋作を捜索しているときに訪れた食器屋が発禁本の官能小説の貸し本屋をやっており、そこで目にした官能小説と王妃に対する妄想が交錯するユ・ソンは、いたずらに書いた官能小説が都で人気を博することとなる。
やがて彼と床を共にした王妃が、世間に自分たちの秘め事を描いた小説が出回っていることを知り、ユ・ソンを拷問責めにする。
ユ・ソンの気持ちは愛があるのか、それとも夢なのか、、、。

<感想>
ユ・ソンが罪人としてとらわれるまでは、かなり楽しめたが、その後の流れがちょっと韓国ドラマっぽくて興ざめしてしまった。
男を悪者にするか、善人にするかもっとはっきりとしたほうがよかっような。
私としては、完全に悪人であってほしかったが、、、、。
特に興ざめしたのは王様の存在。
王様にしては、ちょっと威厳が足りない感じの俳優さん。
と言いつつ、トータル的には結構面白い映画なのに、何故にシネマートさんでしか上映しないのか不思議。
これもすべて韓流が終わっちゃったから。
だったらハリウッド流は続いているのか?

|

« ブレス | トップページ | 光州5.18 »