« 音符と昆布 | トップページ | 接吻 »

プライスレス 素敵な恋の見つけ方

Priceless
77点
原題: Hors de prix (高値)
公式サイト: http://www.priceless-movie.com/
試写会場: 一ツ橋ホール(via Dさん)
監督: ピエール・サルヴァドーリ
主演: オドレイ・トトゥ、ガッド・エルマレ、マリー=クリスティーヌ・アダム、ヴァーノン・ドブチェフ、ジャック・スピエセル
製作国:フランス(2006年)

<ストーリー>
玉の輿を狙って年老いた男性との情事に懸命なイレーヌ(オドレイ・トトゥ)は、せっかくの自分の誕生日に寝てしまった恋人をホテルの部屋に置き去りにし、バーにやってきた。
しかしバーにいるのはソファに寝ている男ジャン(ガッド・エルマレ)1人で、バーテンダーすらいなくていらつくイレーヌ。
実はジャンがバーテンダーだったのだが、普通の金持ちな客を装うジャンはバーテンダーのフリをしてイレーヌをもてなし一晩を過ごす。
それから一年後、同じ場面で同じ場所に出くわしたイレーヌは、ジャンをお金持ちだと勘違いし恋人に捨てられてジャンの元に行くが、ジャンはたんなるホテルマンだった。
その後ニースまでイレーヌを追いかけたジャンだったが、金遣いの荒いイレーヌに散々貢ぎまくったあげく捨てられ、あげくにホテルの支払いにも困ってしまったジャンは、、、、。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

<感想>
これと言って目新しさも無い、ごく普通の玉の輿に憧れる女の子の物語。
それなのに、観てて全然飽きない。
オドレイ・トトゥの叶姉妹バリの露出度の高いドレスもすごいけど、パトロンが恋人に貢ぐ品物の金額もすごい。
ともかく日本人の想像を超える贅沢な生活に溜息が出るばかり。
あれだけの富を自分のものにできるなら、株のトレーダーやるよりもフェロモンの開発に時間費やしたほうがいいかもね。
表の題名よりはかなり楽しめる作品です。

|

« 音符と昆布 | トップページ | 接吻 »