« 奈緒子 | トップページ | バンテージ・ポイント »

裸足のギボン

Gibon
72点
原題: 맨발의 기봉이(素足のギボン)
公式サイト: http://www.gibon.jp/
試写会場: サイエンスホール(by @nifty)
監督: クォン・スギョン
主演: シン・ヒョンジュン 、 キム・スミ 、 イム・ハリョン 、 タク・チェフン 、 キム・ヒョジン
製作国:韓国(2006年)

<ストーリー>
タレイン村に住むギボン(シン・ヒョンジュン)は、小さな頃に熱病で知的障害者となってしまった。
でもいつも笑顔で裸足で村中をかけまわり、年老いたお母さんのことが大好きなギボンは村のみんなから愛されていた。
ある日マラソン大会にギボンを出場させて村を有名にしようと考えた村長は、ギボンにマラソンの特訓を始める。
マラソンに出場すると賞金がもらえ大好きな母親に入れ歯を買ってあげられると考えたギボンは、必死で特訓に励むが、、、。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

<感想>
ストーリー的には、韓国にありがちな親孝行もののお話。
知的障害者を演じるシン・ヒョンジュンの演技がすごい。韓国人の俳優さんってなんでこんなに演技が上手い人が多いのかな。
それよりも私の心をとらえたのは、タレイン村の風景。
日本では見られなくなった段々たんぼのきれいなこと。
今でもこんなにきれいな村が本当にあるのかどうかわからないけど、昔ながらの韓国風家屋と庭。窓の障子を米粒で貼るところなんか泣かせるじゃないですかー。
タライ+洗濯板+洗濯せっけんで選択するギボンの姿も◎。
都会っぽい韓流トレンドドラマよりも田舎の風景のほうが韓国っぽくていいと思うのは私が年寄りだからから。

|

« 奈緒子 | トップページ | バンテージ・ポイント »