« バンテージ・ポイント | トップページ | 音符と昆布 »

人のセックスを笑うな

070925_hitoseku_sub4
69点
公式サイト: http://www.hitoseku.com/
映画館: TOHOシネマズ錦糸町
劇場:スクリーン3
監督: 井口奈己
主演: 永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾
製作国:日本(2007年)

<ストーリー>
地方のとある美術大学に通うみるめ(松山ケンイチ)、堂本(忍成修吾)、えんちゃん(蒼井優)は、ある日朝トンネルで靴も履かずに歩いている女ユリ(永作博美)を車の荷台に乗せる。
後日大学の喫煙所で、たまたまその女性と隣り合わせたみるめは校内で彼女の後を追い新しく赴任したリトグラフの臨時講師だと知る。
そのまま二人は仲良くなり、ユリのモデルをすることになったみるめはユリのアトリエに行き一線を越える。
恋愛ムードでウキウキのみるめ。そのみるめを見ていらだつえんちゃん、さらにそのえんちゃんを心配する堂本はそれぞれの思いを胸に悩むのだった。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
松山ケンイチ君ファンには素のままっぽい彼が堪能できてたまらない映画。
舞台挨拶さながらに普通に訛ってしゃべるセリフを聞いたときはびっくりしたけど、彼が今までで一番素のままで演技できたという作品なのもわかる気がする。
彼を素のままにさせる女性、永作博美さんも蒼井優ちゃんも共演済みで多分気が知れているだろうし。
意外とキスシーンも自然に出来る松ケンは、迫真の演技!!!素のままみたいに見える演技をするって難しいからね。
アクの強い役が多いけど、こうゆう普通の役もやって欲しいなあ。
それは蒼井優ちゃんも同じ。いつも演技力を求められる役が多いけど、こうゆうそのままの演技も見てみたい。
私は松山ケンイチ君ファンだから何度でも見たい映画だけど、残念ながら画像が悪すぎ。映画館が悪いのかな?今度チッタで観てみようっと。

|

« バンテージ・ポイント | トップページ | 音符と昆布 »