« ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 | トップページ | レンブラントの夜警 »

魍魎の匣

Moryo
74点
公式サイト: http://mouryou.jp/
試写会場:スペースFS汐留(via 会社の同僚Oさん、いつもありがとうございます)
監督: 原田眞人
主演: 堤真一、黒木瞳、阿部寛、椎名桔平、田中麗奈、宮迫博之、柄本明、宮藤官九郎、マギー
製作国: 日本(2007年)

<ストーリー>
若い女性のバラバラ死体が発見される事件が相次いで起こり、世間を騒がせていた。
そんな中、元人気女優柚木陽子(黒木瞳)の娘が、遺産相続事件に巻き込まれ遺産を狙う男たちに拉致される。
人物の過去を読み取る力がある探偵・榎木津礼二郎(阿部寛)に事件の解決を依頼した柚木だが、榎木津の友人で作家の関口(椎名桔平)や陰陽師の中禅寺(堤真一)、榎木津が戦場で知り合った匣に魅了された男・久保(宮藤官九郎)などがからみ、事件の真相にだんだんと近づいて行く。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
演技派の俳優人が、次から次へと出てきて、あまりの濃さにちょっと疲れそうなくらい贅沢な映画。
阿部ちゃんだけで、十分主役級で映画がそのまま進んでもOKなくらいなのに、途中から主役の座が堤真一さんにバトンタッチされるあたりは、二人の濃いキャラがかぶって、もったいないくらいだった。
原田監督の映画は『伝染歌』から2本目だが、こっちのほうが映像が全然きれいだった。
特に監督自身が出演された中国映画『SPIRIT』で出てきた料亭や道路などが映画に出てきて、私的に愛着しきり。
今年3本も映画を撮影されたとのことで、今後の監督作品に注目。

|

« ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 | トップページ | レンブラントの夜警 »