« 中国の植物学者の娘たち | トップページ | ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 »

カンナさん大成功です

Kannasan
85点
原題: 미녀는 괴로워(美女はつらいの)
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/200poundsbeauty/
試写会場:九段会館(by eiga.com via 同じ会社のOさん)
監督: キム・ヨンファ
主演: キム・アジュン、チュ・ジンモ、イム・ヒョンシク、イ・ハヌイ、イ・ウォンジョン
製作国: 韓国(2006年)

<ストーリー>
美声の持ち主カンナ(キム・アジュン)は、人気歌手アミーの吹き替えを行う裏方の存在。デブでブスだが、彼女の声に価値を見出した音楽プロデューサー・サンジュン(チュ・ジンモ)に優しくされ、彼に恋心を抱いていた。
しかし、ある日カンナのことをよく思っていないアミーとサンジュンの会話を聞いて、現実に打ちのめされる。
新しくなりたいと決心したカンナは、1年間に及ぶ全身整形に挑み、見事別人に生まれ変わった。
美貌を手に入れた彼女を待っていたものは、、、。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
全然期待していなかったが、予想に反してすごく面白くて、これぞ韓国コメディ映画の真髄!
美しくなっても、心が卑屈なままのカンナを演じるキム・アジュンさんの演技もいいし、彼女の父親役の私の大好きな俳優さんイム・ヒョンシク氏(我が家では「アジョッシ」と呼んでいる)や、『パリの恋人』のおじさん役の人が出ていたりと、顔なじみの人が多いのも親しみが持てた。
これでもか!って感じのお涙頂戴映画は苦手だけど、恋する乙女のホロリとさせられる物語には弱い。
韓国映画を見てもほとんど泣かないけど、ホロリとさせられた。
さらに、日本語吹き替え版で見たせいかセリフも面白くて、笑いどころ満載。
でも、やっぱりアジョッシのうまい演技力を、本人の声で聞きたかったな。
あんまり面白かったから、吹き替え版でも観に行こうかと思わされるくらい、今年観たコメディ映画ではNo.1の出来!

|

« 中国の植物学者の娘たち | トップページ | ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 »