« タロットカード殺人事件 | トップページ | once ダブリンの街角で »

ビー・ムービー

Bee_movie
70点
原題: Bee MOVIe(蜂の映画)
公式サイト: http://www.beemovie.jp/
試写会場: 丸の内ピカデリー2(by TSUTAYA)
監督: スティーヴ・ヒックナー、サイモン・J・スミス
主演: ジェリー・サインフェルド、レネー・ゼルウィガー、マシュー・ブロデリック、ジョン・グッドマン、クリス・ロック
製作国: アメリカ(2007年)

<ストーリー>
ミツバチのバリーは大学卒業と同時に、はちみつ会社で働くことが決まっていて、仕事を一旦選んだら死ぬまでその仕事を続けなくてはいけないことに疑問を感じていた。
ある日Pollenger(蜂蜜を集める部隊)について巣の外に出て、見るものすべてが新鮮で大喜びのバリーだったが、人間に殺されそうになったところをヴァネッサ(レニー・ゼルウィガー)に助けられ、仲良くなる。
ある日ヴァネッサとスーパーマーケットに行ったバリーは、毎日自分たちがせっせと作っている貴重な蜂蜜が大量に売られていることを知り、人間に対して戦いを挑む。
(公開前のため、ストーリーはここまで)。

<感想>
アニメだけど、内容は大人向けのとってもシリアスなお話。
ギャグがきいてて、たとえば蜂を侮辱しているという理由でSting(刺すという意)が登場したり、面白い。
ミツバチが蜜を集めるだけでなく、あんなに沢山の内勤者の仕事があることや、ミツバチのおかげで自然界のバランスが保たれていることも知ることができ、大人にもとっても勉強になる映画。
ちょっとキャラクターが可愛くないから、日本でヒットするか微妙だけど、声優さんに有名人を使ってバンバン宣伝すれば行けるかも。
でも出来れば英語版でダジャレを聞いて欲しいけど。

|

« タロットカード殺人事件 | トップページ | once ダブリンの街角で »