« 俺たちフィギュアスケーター | トップページ | エンジェル »

転々

Tenten
65点
公式サイト: http://tokyosanpo.jp/indexp.html
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: チネ4
監督: 三木聡
主演: オダギリジョー 、 三浦友和 、 小泉今日子 、 吉高由里子 、 ふせえり 、 松重豊 、 岸部一徳 、 笹野高史 、 石原良純 、 広田レオナ
製作国:日本(2007年)

<ストーリー>
大学生8年生の文哉(オダギリジョー)は、小さいときに両親に捨てられ、家族の愛を知らないまま生きてきて、今84万円の借金の取り立てに負われる日々。
ある日、借金の取立てにやってきた福原(三浦友和)が、自分の散歩につきあって霞ヶ関までたどりついたら100万円やると持ちかけて来た。
お金のために当初散歩にイヤイヤ付き合っていた文哉だったが、次第に福原に対して擬似的ではあるが家族愛なるものを感じ始める。
(ストーリーはここまで)

<感想>
『図鑑に載っていない虫』に続いて、今年2本目の三木聡監督作品。
図鑑と同じくらいの、くだらない緩さを期待していたのに、三浦友和さんの演技と同じくらい真面目なお話だった。
もちろん、これはこれでいい映画なんだけど、私が求める三木作品とは違ってちょっとがっかり。
合間に出てくるふせえりさん始めとるするスーパーの3人組は、期待とおりのおかしさで良かったけど。
もちろん三浦友和さんの演技や役どころはいいし、オダギリジョーさんもいいんですよー。
ただ、バカバカしさを期待していたのに、真面目なテーマの映画だってってことが、私には、、、、。
さらに、ウチの近所も転々バッグの販売エリアになっていたのに、映画に全然登場しなかったのにもがっかり(似たような風景はあったので、ポイント、ポイントで使っていたのかもしれないけど)。
辛口になっちゃったけど、三日月さん(麻生久美)まで登場してくれて、楽しかったです。

|

« 俺たちフィギュアスケーター | トップページ | エンジェル »