« サルバドールの朝 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »

恋愛睡眠のすすめ

Scienceofsleep2
68点
原題: The science of Sleep(睡眠の科学)
公式サイト: http://renaisuimin.com/
試写会場: 目黒シネマ
監督: ミシェル・ゴンドリー
主演: ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール、ミュウ=ミュウ、アラン・シャバ、エマ・ドゥ・コーヌ
製作国:フランス(2006年)

<ストーリー>
ステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、フランス人の母親とメキシコ人の父親を持つ夢と現実がわからなくなってしまう男の子。
昔父と一緒に出て行った母(ミュウ=ミュウ)のアパートに帰って来た。
翌日から母が紹介してくれたカレンダー会社に勤め始めるが、自分はアーティストとしての才能を生かしてくれると思っていたのに、実際の仕事はカレンダーに企業名を入れる仕事。
がっかりするステファンの部屋の隣に、ステファニー(シャルロット・ゲンズブール) が引っ越して来て、彼女が好きになったステファンの夢の中には、毎晩彼女が出てくるようになった。
と当時に夢の中で会社に行くものの、実際には会社に行かなかったり、遅刻したりで今にもクビになりそうだった。
ステファンの気持ちとは反対に、ステファニーは恋人なんか要らないとステファンに友達以上の感情を持たない。

<感想>
これまで割りと小汚い格好の役が多かったガエル君だけど、これはファン冥利につきる可愛いガエル君満載の映画。
のっけから赤い可愛い毛糸の帽子かぶってるし、パリが舞台だから服装もずっときれいだし、動物のかぶり物した格好はウルトラ・スーパー可愛い!
それにおフランス語も話しちゃって、鼻母音もきれいに発音してて、うっとり、、、、。
肝心な映画の感想は、実はよくわけがわからなかった。
一番わけがわからなかったのは、エンディング。
結局あれってハッピー・エンドなのでしょうか?
正直ファン以外にはお勧めできない映画だけど、これ観てガエルの美しさに気づく人もいるかと思うので、是非観てみて。

|

« サルバドールの朝 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »