« エディット・ピアフ 愛の賛歌 | トップページ | 象の背中 »

鳳凰 わが愛

Houou2
65点
原題: 鳳凰
公式サイト: http://ho-oh.jp/
試写会場: ル テアトル銀座(by ぴあ)
監督: ジヌ・チェヌ
主演: 中井貴一、ミャオ・プゥ、グォ・タォ、チャン・ウンリー
製作国:日本、中国(2007年)

<ストーリー>
1920年代の中国東北部。恋人の体を触る男とケンカしたリュウ・ラン(劉浪/中井貴一)は、刑務所に入れられてしまう。
刑務所で相部屋になったリアン(グォ・タオ)は占いが得意で、最初の占いで年齢は当たったが、その後恋人が自分を待っていてくれる等の占いははずれっぱなしで、はずれた占い同様リュウの人生は落ちぶれたものとなる。
しかし、ある日刑務所で一緒に罰の居残り仕事をすることになったホン(ミャオ・プゥ)と心が通じるようになり、ほとんど接触の機会が無いのに2人は惹かれあう。
しかし、そんな2人の仲も運命によって引き裂かれてしまう。

<感想>
上映前に監督がおっしゃっていたとおりとっても静かな映画だった。
1920年代の日本侵略前の中国から、第二次世界大戦、中国人民解放軍が勝利するまでの激動の時代の中、外で起きている事件とはまったく関係なくリュウとリアンが刑務所の中で何も変わらず生きている姿は、その静かさを表している。
監督はラブ・ストーリー(中国語で「愛情的電影」って言うのね)を取りたかったらしいですが、観るほうはラブ・ストーリーというよりも中国の歴史的+世相的な要素が強くて、そっちにばっかり目が行ってしまった。
ネタバレできないから言えないけど、あのラストはちょっと悲しすぎ。関係無いけどダイバー的には、流氷ダイビングする気がますます薄れてしまった。

|

« エディット・ピアフ 愛の賛歌 | トップページ | 象の背中 »