« 象の背中 | トップページ | 自虐の詩 »

ヘアスプレー

Hairspray2
70点
公式サイト: http://hairspray.gyao.jp/
試写会場: 原宿クエストホール(by シネトレ via Aさん)
監督: アダム・シャンクマン
主演: ジョン・トラヴォルタ 、ニッキー・ブロンスキー 、ミシェル・ファイファー 、クリストファー・ウォーケン 、クイーン・ラティファ 、ザック・エフロン
製作国:アメリカ(2007年)

<ストーリー>
舞台は1960年代のアメリカはボルチモア。
白人の家で生まれたトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)は、勉強はからきしダメだがダンスが大好きで古い固定概念にとらわれない天真爛漫な女の子。
ボルチモアのローカル ダンス番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになるのが夢だが、トレーシーの欠点は、いわゆるチビデブなこと。
オーディションには不合格になるが、ある日学校の居残りクラスでこれまで交流が無かった黒人の同級生たちと知り合いになり、ダンスを楽しむことで、「毎日がブラック・デー(黒人ダンス専門番組)」だったらいいのに!と思っていた彼女は、それまで人種差別意識が激しかった地域に、変化をもたらして行く。

<感想>
単純なダンス・ミュージカル映画かと思っていたら、実はいろんな差別に対してNOという意思表示をしている、かなりテーマ性がある映画だった。
といってもやっぱりミュージカル映画なので、歌と踊りが相当楽しい。
特に踊るジョン・トラボルタをリアル・タイムで観ている私は、彼の久々の歌声+ダンスに感涙物!!!
『Greece』のテーマ曲"You're the one that I want"を思い出させる彼の歌声+おデブちゃんのメイク+あんな年なのに足取り軽いダンスを見せてくれて、本当にすごい!
もっと驚いたのは、最近悪役が多いクリストファー・ウォーケン。私の頭の中では、いまだに『ディア・ハンター』(古!!)でベトナム戦争に行った若者のままの彼が、年老いて歌って踊るなんて、びっくり!!!!
さらに、元ミス・ボルチモアで嫌なお母さん役を演じるミシェル・ファイファーのスタイルの良さにも感動!『象の背中』の今井美樹のプロポーションにも驚いたが、年齢がいっている分、ミシェル・ファイファーのほうがすごい!
彼女も最近悪役をやることが多いけど、このナイス・バディなら『恋の行方』や『テキーラ・サンライズ』のときみたいなセクシー系でまだまだ行けそう!
と本当は、若い俳優さん達に目を向けなきゃ行けないのに、何故か往年のスターにばかり目が行ってしまった私でした。

|

« 象の背中 | トップページ | 自虐の詩 »