« ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ | トップページ | プロヴァンスの贈りもの »

レッスン!

Lesson
70点
原題: Take The Lead(リードしろ)
公式サイト: http://www.fw-movie.jp/
試写会場: サイエンスホール
監督: リズ・フリードランダー
主演: アントニオ・バンデラス 、ロブ・ブラウン 、ヤヤ・ダコスタ 、アルフレ・ウッダード 、カティア・ヴァーシラス 、ローラ・ベナンティ
製作国: アメリカ(2006年)

<ストーリー>
ニューヨークで社交ダンスの指導をしているピエール(アントニオ・バンデラス)は、ある日路上で車を破壊する荒れた高校生ロック(ロブ・ブラウン)を目撃する。
心の荒れた高校生を通常の教育では無く社交ダンスで立ち直らせたいと考えたピエールは、地元の公立高校に出向き自ら落ちこぼれクラスの放課後クラスの指導を志願する。
当初ラップミュージックとラップダンスしか興味の無かった不良たちだったが、ダンスをしているときだけ楽しみを感じれることを知り、またコンテストで優勝すると賞金が稼げることを知りダンスの練習に励むようになる。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
たまたま2日前に見た『フリーダム・ライターズ』と酷似した内容の、不良たちを更生させていく学園ものドラマ。
しかも実話にもとづていいるという点も同じだし、なんで同じような映画が同じ時期に公開されるのか不思議。
演技の点では『フリーダム・ライターズ』のヒラリー・スワンクの情熱にかなわないけど、更生させる方法としてはこちらのほうが現実的。
私なら、本を読むよりもダンスするために学校に行ったほうが楽しいものね。
日本でもこんな風に机にへばりついて知識だけを植えつける教育一辺倒じゃなくて、ダンスとか柔軟な態度でまず社会のマナーから若者に教え込んだほうがいいんじゃない?

|

« ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ | トップページ | プロヴァンスの贈りもの »