« プロヴァンスの贈りもの | トップページ | 傷だらけの男たち »

伝染歌

Densenka
55点
公式サイト: http://www.densen-uta.jp/
映画館: イイノホール
監督: 原田眞人
主演: 松田龍平 、伊勢谷友介 、阿部寛 、木村佳乃 、AKB48
製作国:日本(2007年)

<ストーリー>
女子高のトライアスロン部に所属する少女・香奈(前田敦子)が、ある日ナゾの歌が聞こえた後、親友のあんず(大島優子)の目の前で自殺した。
マイナー雑誌『月刊MASACA』に勤めるリク(松田龍平)や、太一(伊勢谷友介)が、この自殺のナゾについて雑誌で特集するために調べだした。
編集長の命令で、トライアスロン部の女子高生全員に伝染歌と呼ばれる歌をカラオケで歌わせた太一は、その後自殺する。
伝染歌と呼ばれる歌を歌うと死ぬという説は本当なのか?
(公開直後のため、ストーリーはここまで)

<感想>
オフレコ試写会のため、オフレコが解けるまでブログに公開できません。
松田龍平は格好よかったけど、その前にあの女子高校生達何???と思ったらアキバ系に人気な高校生ユニットなわけね。
ハイハイ、わかりました。つまりプロモーション映画ですね。
ホラーじゃないのはいいけど、映画の焦点がちょっとブレ気味なのが気になった。
せっかく俳優もいい俳優使っているのにね。
しかも監督が、『SPIRIT』でジェット・リーと競演してた原田眞人監督。
彼の作風はこうじゃない!!と信じたい!

|

« プロヴァンスの贈りもの | トップページ | 傷だらけの男たち »