« 怪談 | トップページ | カート・コバーン アバウト・ア・サン »

トランスフォーマー

Transformers
73点
原題: Transformers(変身者たち)
公式サイト: http://www.transformers-movie.jp/
試写会場: 一ツ橋ホール
監督: マイケル・ベイ
主演: シャイア・ラブーフ 、 ミーガン・フォックス 、 ジョシュ・デュアメル 、 レイチェル・テイラー 、 タイリース・ギブソン
製作国: アメリカ(2007年)

<ストーリー>
ある日カタールのアメリカ軍基地のひとつが、何物かに襲われて全滅したあげくコンピュータからデータを盗まれた。
アメリカ本土の国防省では、誰の仕業かつきとめるために、国中の優秀なコンピュータに詳しい人材を集めて犯人をつきとめようとしていた。
一方アメリカの一高校生にすぎないサム(シャイア・ラブーフ)は、北極探検に成功した祖父の遺品をeBayや学校で売って、そのお金で車を買おうとするちょっとおかしな高校生。
ある日父と車を買いに中古車屋に行くと、そこには不思議な力を持つ車が彼を待っていた。
その車を購入して以来、おかしなことがまわりで起こり、ついに憧れのクラスメートであるミカエラ( ミーガン・フォックス)を車に乗せることに成功するが、それにより2人は想像もつかない世界にかかわることになる。
(公開前のためストーリーはここまで)

<感想>
2時間20分を超える長いストーリーだが、実は主人公のサム以外の登場人物の人間像が描かれている部分はバッサリとカットしてしまってもストーリーの展開上まったく問題がないのではないかと思える。
かなり大雑把にこの映画の特徴を言うと、『ET』のような異星人と人間との友情を描いた部分と、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のような奇想天外青春ドラマが合わさったような話。
怪物のシーンだけとらえて言うと、日本に昔からある『マジンガーZ』みたいな巨大ロボット物とまったく同じと言ってさしさわりないと思える。
日本人の私からすると、カタールのアメリカ軍の話とか、国防省のデータをハッキングするオタクの話はまったく不必要で何のためにこの映画で描かれているのかまったくわからない。
むしろダメダメな高校生の男の子がヒーローっぽく変わっていく姿をもっと丁寧に作って2時間以内の映画にしたほうが楽しいような気がする。
などと酷評しておくながら点数がいいのは、やっぱり面白いから。
いらない部分を全部カットしたとするとこんな点数じゃないかなあ。

|

« 怪談 | トップページ | カート・コバーン アバウト・ア・サン »