« アドレナリン | トップページ | 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ »

憑神

Tsukigami
63点
公式サイト: http://tsukigami.jp/index.html
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: チネグランデ
監督: 降旗康男
主演: 妻夫木聡 、夏木マリ 、佐々木蔵之介 、鈴木砂羽 、森迫永依 、笛木優子
製作国:日本(2007年)

<ストーリー>
代々将軍家の影武者の役目として徳川家に仕えて来た下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)は、元一緒に海外留学した武士が出世している姿を見て、回りから勧められたこともありある日酔っ払った勢いで「みまわり神社」にお参りする。
しかし彦四郎が手を合わせた神社は厄介な神様が3巡りしてくるおかしな神社だった。
ただでさえ婿養子に入った家から離縁されてついていない彦四郎に、まず貧乏神(西田敏行)がとりつく。
(公開直後のため、ストーリーはここまで)

<感想>
もっと画期的に主人公が可愛そうな目にあうのかと思っていたら、実はそれほどでもなくちょっと肩透かし。
出演映画が30億を超えるヒットメーカー妻夫木クンが主演の映画のわりにはパンチが無いような。
もっと徹底的に可愛そうな役にするとか、元妻との愛情関係をもうちょっと前面に押し出すとか、見る人の気持ちを惹きつける何かが欲しかった。
それよりもラストのあの映像何?
あれって作者の希望?
必要なのかな?
思いっきり興ざめした。

|

« アドレナリン | トップページ | 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ »