« 主人公は僕だった | トップページ | スパイダーマン3 »

舞妓Haaaan!!!

Maikohaaan
68点
公式サイト: http://www.maikohaaaan.com/
試写会場: TOHOシネマズ六本木ヒルズ
劇場: 7
監督: 水田伸生
主演: 阿部サダヲ 、堤真一 、柴咲コウ 、小出早織 、京野ことみ 、キムラ緑子
製作国: 日本(2007年)

<ストーリー>
高校生の頃、修学旅行先で迷子になって舞妓さんに出会って以来、舞妓さんのとりこになってしまった鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、現在カップラーメン会社のサラリーマン。
舞妓さんに関するHPを持っているが、最近そこに荒らしが現れて対抗心をむき出しにする。
そんな中、京都支社に転勤することになり、憧れの舞妓さん遊びができるかと思ったが、そこには一見さんお断りの祇園の壁があり、なんとか連れていってくれる人を探そうとする。
一方東京で鬼塚にふられた大沢富士子(芝咲コウ)は、鬼塚が忘れられず京都で舞妓の修行を始める。
(公開がまだ先のため、ストーリーはここまで)

<感想>
宮藤官九郎の脚本が大炸裂といったカンジのセリフ回しが楽しい作品。
『嫌われ松子の一生』のような豪華なコメディかと思っていたが、終盤ちょっと失速気味というのが正直な感想。
阿部サダヲ演じる主人公が破天荒なだけで終わってしまえばいいのに、堤真一演じるプロ野球選手の裏事情の話になってくるとちょっとつまらなくなる。
また柴咲コウ演じる女性と主人公の恋愛関係もどれだけ深いかがよくわからないまま、二人の平行関係が続くのがちょっと理解しづらかった。
もっと柴咲コウが一歩的に片思いというカンジだと思っていたのに。
早い話が予告編を見すぎて、そこから勝手に自分で物語を創っていたのに、それと合わない部分が肩透かしくらったみたいでつまらなく感じた次第。
よって、先入観無しに見るともっと楽しめたかも。

|

« 主人公は僕だった | トップページ | スパイダーマン3 »