« 舞妓Haaaan!!! | トップページ | 明るい瞳 »

スパイダーマン3

Spiderman3
65点
原題: SPIDER-MAN 3
公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/spider-man3/index.html
映画館: 川崎チネチッタ
劇場: 8
監督: サム・ライミ
主演: トビー・マグワイア 、キルステン・ダンスト 、ジェームズ・フランコ 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、トファー・グレイス 、ブライス・ダラス・ハワード
製作国: アメリカ(2007年)

<ストーリー>
スパイダーマンとしてニューヨークのヒーローになり、愛する恋人ともうまくいってもうすぐプロポーズしようとしているピーター(トビー・マグワイア)は、今がもっとも充実したときのように感じていた。
一方ブロードウェイデビューした恋人のメリー・ジェーン(キルティン・ダンスト)は、初日で酷評され主役を首になりプロポーズを受け入れるどころではなかった。
幼馴染のハリー(ジェームズ・フランコ)は、自分の父がピーターに殺されたと思い、心のどこかでピーターを愛しながらも復讐に燃える。ピーターと戦ううちに頭を打って記憶をなくしたハリーは元通りのやさしい顔に戻りピーターとも仲直りしたかのように見えた。
ハリーとは対照的に、伯父殺しの真犯人が見つかったことを知り怒りと復讐心がこみ上げるピーターになぞの物体が忍び寄っていた。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
公開後、最速で30億人突破した大ヒット作ということで、どんなものかと見に行った。
観客動員数4年連続日本一のチネチッタは平日だというのに、結構人が入っていて、さすがに大ヒット作。
ストーリーは悪くないし、スピード感もあっていいんだろうけど、いかんせん私の好みの映画じゃない。
だいたい主役のトビー・マクグワイヤもキルティン・ダンストもあんまり好きな俳優さんじゃない。
そんな中私の目をひいたのが、ハリー役のジェームス・フランコ。この人『ソニー』のチラシを見たときからずっと気になっていたのよね。グリンゴだらけのアメリカン・ヒーローもの映画の中では、ラテンの血が入ったジェームスは相当格好よく見えて、この映画の中では実質的なヒーローでもあるし、気に入っちゃいました。
それにしても、チネチッタで一番いい音響の劇場で見たのに、この音の悪さは何なの?エンディングの曲なんて音が割れてましたよ。
どう考えてもこれは劇場のせいじゃなくて、オリジナルの音のせいだと思うんだけど。

|

« 舞妓Haaaan!!! | トップページ | 明るい瞳 »