« サンシャイン2057 | トップページ | トンマッコルへようこそ »

Yumi
50点
原題: 활(弓)
映画館: 飯田橋ギンレイホール
監督: キム・ギドク
主演: チョン・ソンファン[俳優] 、ハン・ヨルム 、ソ・ジソク 、チョン・グクァン
製作国: 韓国(2005年)

<ストーリー>
海に浮かぶ釣り船で生活する老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)は、本土か毎日釣り客を連れてきて生計を立てていた。
少女は6歳のときに老人に船に連れてこられてから一度も船を降りたことがなく、17歳になったら老人は少女と結婚しようと思っていた。
ある日釣り客の中の若者に心を奪われた少女は、老人に反抗し拒絶するようになる。
若者は老人が少女を海の上に縛り付けておくことが罪だと正義感を燃やし、少女の両親を探し出して老人に少女を自由にするように迫る。
一旦は老人を船に残し去ろうとした少女だが、老人のことを思い船に戻って来る。
まだ17歳になっていないにもかかわらず、結婚式をとりおこなう老人と少女。
しかし老人は、少女が小船の上で寝ている間に、海に身投げしてしまう。
小船に移った若者とともに船を去ろうとする少女達の目の前で、老人の船も老人の後を追うように海に沈んでしまう。

<感想>
『うつせみ』と同様、主人公の老人と少女の2人は一切言葉を発しない。
『うつせみ』の主人公達が言葉が必要なかったのに対して、この映画の場合言葉を発しないことがすごく不自然。
もっとセリフがあって、それで感情を表してもよかったのではないだろうか?
また、少女の気持ちがなぜ老人に向いたのか不可解。
彼女の心の旅立ちが老人との別れでよかったのではないか?
キム・ギドク監督の映画は期待が大きいだけに残念。

|

« サンシャイン2057 | トップページ | トンマッコルへようこそ »