« パッチギ! LOVE&PEACE | トップページ | 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ »

フライ・ダディ

Flydaddy
75点
原題: 플라이 대디 (フライ ダディ)
公式サイト: http://www.cinemart.co.jp/flydaddy/
映画館: 銀座シネパトス
劇場: 1
監督: チェ・ジョンテ
主演: イ・ジュンギ 、イ・ムンシク 、イ・ジェヨン[俳優] 、ナム・ヒョンジュン 、キム・ジフン[俳優] 、イ・ヨンス
製作国: 韓国(2006年)

<ストーリー>
ソウル市郊外に住むガピル(イ・ムンシク)は、マンションのローンをかかえた二流大学出身の平凡なサラリーマン。
ある日高校生の娘のダミ(キム・ウソン)が、カラオケ店で男子高校生カン・テウク(イ・ジュ)に暴行されて顔にケガをした。
ケガをさせた男は、高校ボクシングのチャンピオンで、親が政治家らしく権力と暴力でこの事件を表沙汰にしないようにガピルをねじ伏せる。
自分の不甲斐なさに腹を立てたガピルは、カン・テウクが通う学校に包丁を持って押しかけるが、ケンカが強いコ・スンソク(イ・ジュンギ)にねじ伏せられてしまう。
ガピルの思いを知ったコ・スンソクの友人達が、以前からカン・テウクのことを良く思っていないこともあり、ガピルを一から鍛えなおしてカン・テウクと戦うことを提案する。
コーチはケンカでカン・テウクに勝ったこともあるコ・スンソク。
ガピルはどんな試練にも耐えて、テウクに勝って娘を守ろうと誓うのだった。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
日本版『フライ,ダディ,フライ』は観ていないが、多分こっちのほうが絶対面白そう。
だって、日本版のケンカの強いコーチが華奢で小さな岡田准一クンで、イケてない中年サラリーマン役が堤真一なんて、観る前から違和感感じたもん。
こっちの主人公のほうが情けなさ度がいい分、絶対こっちのほうが中年的には共感できる。
コーチ役のイ・ジュンギは『王の男』を観たとき、こんなにがたいがいい人が女形なんて変!と思ったけど、ケンカのコーチ役なら似合っている。
顔が端正だから、ケンカしている時以外読書するクールな姿がまたイケている。
主役のガピル役の人は、映画と同じく実際も撮影中に15キロ減量して筋肉をつけたというだけあって、シルベスタ・スタローンの『ロッキー』よりもこっちの特訓のほうが見ごたえあるかも。
いろいろ考えなくても、文句無しに面白い。
なんでこんなに面白い映画なのに、上映館が少ないの?いくら韓流が去ったと言ってもこうゆう面白い映画こそ、全国のシネコンで上映して欲しいものだ。

|

« パッチギ! LOVE&PEACE | トップページ | 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ »