« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | あかね空 »

蟲師

Mushishi
58点
公式サイトhttp://www.mushishi-movie.jp/
映画館: 109シネマズ川崎
劇場: スクリーン7
監督: 大友克洋
主演:オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、蒼井優 、りりィ 、李麗仙
製作国: 日本 (2007年)

<ストーリー>
ギンコ(オダギリジョー)は、蟲師として全国を渡り歩き蟲の仕業で病におかされている人々を治していた。
小さい頃の記憶は無く片方の目も無く髪は若いのに真っ白だった。
ある日、虹を捕まえたいという男・虹郎(大森南朋)と出会い、ともに旅を続ける。
呼出しを受け昔から知り合いである代々蟲師である淡幽(蒼井優)の家に行くと淡幽はひどい蟲におかされていた。
数日前、両目が見えない蟲師の女がやってきてある沼に住むギンコという名の魔物の話を聞いてから、対幽の容態が悪くなったと言う。
(公開間もないためストーリーはここまで)

<感想>
舞台挨拶目当てで行ったが、この映画の言わんとすることが全く理解出来なかった。
どうもギンコと淡幽は好きあってるらしいとか、交互に話が進むぬいと一緒にいる男の子ヨキがギンコになるんだろうってことは想像つくが、だから何が言いたいのかは全然理解出来ない。
どうも原作を読んでないと理解するのが難しいらしいがそんな映画の作り方していいの?漫画の読者以外わからないよ、これじゃあ。

|

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | あかね空 »