« バッテリー | トップページ | 弓 »

サンシャイン2057

Sunshinejpf
62点
原題: sunshine(太陽光)
公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/sunshine2057/
映画館: チネチッタ川崎
劇場: チネ11
監督: ダニー・ボイル
主演: キリアン・マーフィ 、真田広之 、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 、ローズ・バーン 、トロイ・ギャリティ
製作国: イギリス(2007年)

<ストーリー>
近未来、太陽のエネルギーが減少して人類滅亡の危機が迫っていた。太陽の核に爆発を起こさせ太陽を活性化させる使命を背負ったイカロス2号には、金田船長(真田広之)を含め8人の乗組員が乗っていた。
ある日7年前に同じ使命を背負って太陽に到達することなく、宇宙のモクズとなったはずのイカロス1号が発信する信号をイカロス2号がキャッチする。
イカロス1号の爆弾が無事なら、太陽核を爆破するチャンスが2倍に増えるため軌道を変更してまずイカロス1号に向おうとある乗組員が提案し、決断は物理学者のキャパ(キリアン・マーフィ)にゆだねられ、キャパは軌道変更を決定する。
しかし、軌道変更の際、宇宙船のすべての危険を計算しきれなかったトロイのせいで、イカロス2号は船体に損傷を負ってしまう。
金田船長とともに宇宙服を着て船外に修理に出かけたキャパだったが、そこから次々に悲劇がイカロス2号を襲う。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
日本での公開が意外に早かったのは、ひとえに船長役の真田広之のおかげ。
私も彼目当てに、公開3日目で見に行った。
それなのに、、、、
    それなのに、、、、、

死んじゃうの早くないですか~!!!

きっとこれがわかっていたら、この映画の観客は半分は減っちゃうんじゃないかと思っちゃいました。
そりゃあ、主人公はキリアン・マーフィですよ。でも、彼の知名度って日本じゃものすごい低いし、この映画の日本での興行のすべては知名度抜群の真田さんが、船長という重い役目を果たしたからじゃないですかー。
まあ、それはストーリー上しょうがないとして、話が難しすぎて宇宙船や宇宙に詳しくない私は、途中まで話しがチンプンカンプンだった。
ストーリーはよくわからないけど、宇宙船の音が臨場感抜群で楽しめるので、この映画を観るなら絶対なるべく音のいい大きな劇場で見ることをお勧め。
それにしてもキリアン・マーフィ、目の色きれい。あの目じゃ宇宙じゃなくて普通の地上でも太陽見れないだろうなあ。

|

« バッテリー | トップページ | 弓 »