« バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | トップページ | 愛の流刑地 »

フリーダムランド

Freedomland
60点
原題: Freedomland (自由の国)
公式サイトhttp://www.sonypictures.jp/movies/freedomland/index.html
試写会場: よみうりホール
監督: ジョー・ロス
主演: サミュエル・L・ジャクソン 、ジュリアン・ムーア 、イーディ・ファルコ 、ロン・エルダード 、ウィリアム・フォーサイス 、アーンジャニュー・エリス
製作国:アメリカ (2006年)

<ストーリー>
ある晩、病院に手のひらを血だらけにした女性が入って来た。
彼女がいうには、路上で車をカージャックされ、その車の中に彼女の幼い息子が眠っているという。
ニュー・ジャージー州のとある巨大黒人団地出身のロレンゾ刑事が彼女の担当となり、彼女から話を聞くと、その事件はその彼の島である団地内で起きたという。
普段からその団地をよく思っていなかったまわりの管轄警察署が一緒になって一斉に団地を封鎖し、彼女の証言が思わぬ波紋を生んで行く。団地の住人を大事に思うだけでなく、ロレンゾ刑事は当初から彼女の証言に疑問を抱いていた。
(公開が先のため、ストーリーはここまで)

<感想>
サスペンスドラマとなっているが、話の筋が途中から読めてしまう点や、最後の終わり方を見てもサスペンスというよりも、心に傷を負った人間の心の内側を探るお話。
主演のサミュエル・L・ジャクソンはこの容姿でどうやって主役になれるんだろう?と黄色人種の私から見ると疑問がいっぱいだが、それなりに味のある俳優さんなんでしょう、きっと。
主役のジュリアン・ムーアも、可愛そうで貧しい母親役のメイクのせいか容姿がひどすぎ!
ここまで書くとこの映画がダメダメみたいに聞こえるかもしれないが、普段あまり目にしないアメリカ社会を知るのにはとっても参考になる映画。
貧しい団地に半分ボランティアみたいな託児所があることとか、アメリカでも管轄の刑務所同士で島の取り合いをしているんだとか、さらに行方不明者を探すボランティア団体の活動など、知らなかったことがいっぱい知れて面白い。映画を見に行くというよりも、アメリカ社会の勉強にはとってもいい参考書的な映画だと思う。

|

« バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | トップページ | 愛の流刑地 »