« どろろ | トップページ | 2006年度 My Best 10 »

あなたになら言える秘密のこと

Secretlife
72点
原題: The secret life of words/La Vida secreta de las palabras (言葉の秘密の人生)
公式サイトhttp://www.himitsunokoto.jp/
試写会場: 増上寺 光摂殿
監督: イザベル・コヘット
主演: サラ・ポーリー 、ティム・ロビンス 、ハビエル・カマラ 、エディ・マーサン 、スティーヴン・マッキントッシュ 、ジュリー・クリスティ、レオノール・ワトリング
製作国:スペイン (2005年)

<ストーリー>
工場で淡々と真面目に働くハンナ(サラ・ポーリー)。彼女のランチボックスは、白米とチキンナゲットとりんご半分のみ。
家に帰ってから食べる夕食もランチとまったく同じもの。
ある日あまりにも休みを取らない彼女に対して組合から苦情を受けた工場長は、彼女に対して強制的に一ヶ月の休暇を与える。
工場長が勧めたのは南国リゾートだったのに、彼女がやって来たのは、北の田舎町。
レストランで携帯電話で話している男の話から看護婦が必要なことを知り、元看護婦の彼女は自分がその仕事を請けることを申し出る。
彼女が看護するのは、海の中に立つ人工的孤島のような石油採掘場で事故に会ったジョセフ(ティム・ロビンス)だった。
ジョセフは、火災でひどいやけどを負い、かつ角膜を傷つけたため2週間は移動させることもできずに、孤島の小さな保健室で介護する必要があった。
ハンナの顔が見えないジョセフは、心を閉ざした彼女にいろいろと冗談を言って彼女の心を開いて行く。
ジョセフ以外にも、その孤島に残った数名のスタッフは、ハンナと同様孤独を好む人間ばかりで、彼らと過ごすうちにハンナの心は少しずつ変化していく。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
ティム・ロビンスがこんなにヨーロッパ映画の中に溶け込める俳優さんだったなんて、びっくりした。
と言っても『シンデレラ・マン』くらいしか今まで観たこと無いけど、『シンデレラ・マン』の彼よりは、こっちのほうが相当彼の風貌や芸風に合っていた。
サラ・ポーリーもアメリカ人とは思えないほど、この暗い役どころが合っている。
『死ぬまでにしたい10のこと』もそうだったと思うけど、ほとんどスッピンなんじゃないだろうか。
ティム・ロビンスは本当にうまくて、ボソボソっとしゃべるセリフがとってもリアルで、ヤケドのメイクが下手じゃなかったらまるでドキュメンタリー映画みたいに、セリフが自然。
ただこの映画の一番重要とも言える場面の、字幕にはちょっとキレた。
というのも、ティムの口から秘密の内容を聞きたかったのに、その1秒前には日本語字幕でこれから言うことがわかってしまったからだ。
病床のティム演じるジョセフがハンナに耳を彼の口に近づけるように言って、その秘密を告白する場面で、"I can't ○○"と言うのだが、彼の口から聞く前に字幕で内容を知りたくなかった。
結構相当頭に来たので、それからしばらくは字幕を見るのをやめたくらいだ(っていうか、だったら最初から字幕を見なきゃいいんだけど)。
香港映画とかだと、字幕は実際のセリフよりちょっと遅めに出ると思うんだけど、日本でもそうしてくれればいいのに、、、、。

|

« どろろ | トップページ | 2006年度 My Best 10 »