« 美しい人 | トップページ | シュガー&スパイス 風味絶佳 »

日本以外全部沈没

Nihonigai
点数: 60点
公式サイト: http://www.all-chinbotsu.com/
映画館:チネチッタ川崎
劇場: 7
監督: 河崎実
主演: 小橋賢児 、柏原収史 、松尾政寿 、土肥美緒 、ブレイク・クロフォード 、キラ・ライチェブスカヤ
製作国: 日本 (2006年)

ストーリー
地核変動により、ある日アメリカ大陸が沈没してしまう。
アメリカの要人やハリウッド俳優などが、続々と日本や中国に避難してきていた。
そのうち、アメリカ以外の大陸であるユーラシア大陸、アフリカ大陸、オセアニア地方など、日本以外の地がすべて海に沈んでしまう。
日本には、世界の要人や金持ち達が集まったが、自分たちが持って来た通貨の価値が暴落してしまい、日本人の4倍もの数の外国人達すべてが、日本人と比べると極端な貧困層になってしまう。
当然犯罪が増え外国人攻撃部隊なるGATという組織が誕生し、泥棒などの罪を犯した外国人を捕まえては国外退去させている。
外国人の要人達の前でいばりちらす日本の首相や、外国人の女性達をメイドとして雇っていばり散らす日本人男性達。
日本という国土の上に乗っかった人間たちは、いがみ合いお互いを信頼しないひどい状態となっていたが、やがてその日本も消え行こうとする。その消え行く寸前の一瞬、全人類は平和を感じるのであった。

<感想>
ちょっとひどい点数をつけてしまったが、それは映画としてあまりにもチープに出来ているのが見え見えだったので、低い点数になっただけで、ストーリー的にはブラックユーモア満載ですごい笑えた。
東南アジアなどの日本より貧しい国で、買春している日本人男性を皮肉ったり、他国に文句を言えない日本の政府を痛切に非難している、結構骨太な作品だ。
中でも一番笑えたのが、日本人と外国人がイガみあっているうちに、北朝鮮のテロリストに侵略されてしまうという物語。
金正日と思われる人間が、スパイのごとく登場した瞬間は、相当笑えた。
途中、あまりにもひどく外国人を差別する発言や態度が出るので、外国人が見たらどう思うかと不安になったが、結局作者がもっとひどく中傷しているのは、そんな態度に出る日本人のことだとわかったし、本当の目的は世界平和なのだと最後にわかったので、よしとしましょう。
今年見た映画の中では、バカバカしさにこだわった点ではNo.1です。
万人にお勧めとは言いませんが、普段の政治に不満を持っている方にはお勧めです。

|

« 美しい人 | トップページ | シュガー&スパイス 風味絶佳 »