« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップページ | RENT »

トリスタンとイゾルデ

Tristanisolde
点数:70点
原題: Tristan + Isolde (トリスタン+イゾルデ)
公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/tristanandisolde/
試写会場: イイノホール
監督: ケヴィン・レイノルズ
主演: ジェームズ・フランコ 、ソフィア・マイルズ 、ルーファス・シーウェル 、デヴィッド・オハラ 、マーク・ストロング
製作国: イギリス、ドイツ、チェコ (2005年)

<ストーリー>
長い間ローマ帝国の領土だったイングランドは今でも勢力が統一しておらず、昔から独立国だった隣国のアイルランドから征服される恐怖におびえていた。
イングランドの領主達で団結(unite)しようとして集まっているときに、アイルランド軍に攻められトリスタン(ジェームズ・フランコ )の両親も殺されてしまう。
トリスタンは危機一髪のところをコーンウォール領主のマーク(ルーファス・シーウェル)に救われ、マークに育てられ9年経った今では優秀な戦士となっていた。
再びアイルランド軍の攻撃を受けそうなところを、トリスタンの作戦で勝利したが、トリスタンは敵の大将から切りつけられた際に、剣についていた毒にやられ瀕死状態になる。
イングランドの風習にのっとり、小船に乗せられ海に流されたトリスタンは、アイルランドの砂浜に打ち上げられているところを薬草の知識があるアイルランド王国の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)に助けられる。
トリスタンを看病する間にすっかり恋仲になった二人だったが、トリスタンはやむを得ずイングランドに戻る。
コーンウォール軍に敗れて、イングランドの統治に知恵を絞ったアイルランド国王は、イングランドの領主の中から最も力が強い男に、娘を嫁がせる約束をして、格闘技大会を開く。
コーンウォール領主のマークは大会の参加に乗り気では無かったが、自分が支える領主に花嫁を迎えることと、自分を助けてくれた娘を探しにアイルランドに行けて一石二鳥と考えたトリスタンは、必ず勝つと約束して王の代わりに大会に参加する。
大会で晴れて一等賞になったトリスタンを見て、イゾルデは喜びに胸ときめかせ "I'm yours"と叫ぶが、彼女の結婚する相手はトリスタンでは無く、彼が忠誠を誓う王だったのだ。
(まだ公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
Tristanという名前を聞いただけで、すでに主人公が悲劇的な人間であることを想像させられてしまう(スペイン語の triste = 悲しいだから)。
となると Isolde は Isolate (一人ぼっち)を意味しているのかなあ。
その昔は、日本でも自分が仕える人に忠誠を誓って、決して裏切ってはいけなかったので、トリスタンが愛と忠誠心の間で悩む気持ちは、日本人にもよーくわかります。私がトリスタンでも同じ行動をしたでしょう。
ただイゾルデの気持ちはわからないなー。私だったらなにかと理由つけて王様となるべく寝ないようにするけど、、、、。
話の内容は、さておき前編にわたる映像がすごくきれいです。
エンディングロールを見ていたら、製作にかかわった人達のアルファベットの上に見慣れない印がついていす。最初どこの国の人だかわかりませんでしたが、そのうちこの文字は確かチェコ語であることを思い出しました。
どうりできれいだと思ったらチェコで撮影されていたんですね。なんか中世チックできれいだわ。だってチェコってドラキュラの故郷だもんね。
ありきたりな恋愛悲劇ドラマでも、韓流と違って純粋に浸れる映画です。

|

« レディ・イン・ザ・ウォーター | トップページ | RENT »