« 初恋 | トップページ | M:i:III »

親指さがし

Oyayubi
★★☆☆☆
公式サイト: http://oyayubisagashi.com/
試写会場: イイノホール
監督:熊澤尚人
出演: 三宅健 、伊藤歩 、松山ケンイチ 、永井流奈 、尾上寛之
製作国:日本 (2006年)

ストーリー
小学校の同窓会で、久々に顔を合わせた幼なじみの5人、武、知恵、智彦、綾、信久は、偶然同じテーブルに居合わせた。
楽しいはずの同窓会なのに、5人の頭には8年前のいまわしい事件が思い起こされていた。
8年前の小学6年生の夏。廃墟と化したかつてのホテルの屋上で、今はここにいない幼なじみ由美子が言いだしっぺで「親指さがし」という遊びをした。
呪文を唱えて、見知らぬ場所にトリップしたが6人のうち由美子だけが戻って来なかった。
そのまま行方不明になった由美子を必ず助け出すと約束した武(三宅健)は、一種の使命感を持っており、今回再開した5人に、もう一度親指さがしをして由美子を救い出そうと持ちかける。
しかし、親指さがしをしても何も起こらず、その夜、信久が何者かに親指を切り取られて殺害されてしまう。
由美子を見つけ出さないと、次々に犠牲者が出るというネットの噂に残った4人は恐れおののくのだった。
(まだ公開が先のため、ストーリーはここまで)

<感想>
ホラー映画だと思っていたが、舞台挨拶に出てきた出演者達の言うとおり、ホラーというよりはミステリーに近いかも。
親指さがしの呪いのせいか、2台ある映写機のうち1台が壊れて、40分に一回ロールの巻きなおしのためブレークがあった。
そのせいか内容のせいかわからないが、あんまり凝った作りとも思えずイマイチ感はぬぐえない。
うーん、こんな映画わざわざ映画館に見に行く人いるのかなあ。
公開日が8月26日と、ほとんど夏が終わっているし、いったい何を考えてこの映画作ったんでしょう?
若手俳優達の紹介的に見ると、結構楽しめるかも。

|

« 初恋 | トップページ | M:i:III »