« ハチミツとクローバー | トップページ | I am 日本人 »

スーパーマン リターンズ

Supermanreturns
70点
原題:Superman Returns (スーパーマン 復帰)
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/
試写会場:有楽町朝日ホール
監督: ブライアン・シンガー
主演: ブランドン・ラウス 、ケヴィン・スペイシー 、ケイト・ボスワース 、ジェームズ・マースデン 、フランク・ランジェラ
製作国: アメリカ (2006年)

ストーリー
5年ぶりにスーパーマン(ブランドン・ラウス)が、地球に帰って来た。
軍事用飛行機にプレス記者を載せて、スペースシャトルを切り離そうとしたが、ある事件からシャトルが飛行機から切り離せなくなりシャトルもろとも飛行機が大気圏から出て行こうとしていた。そこに乗り合わせたかつての恋人ロイス・レイン(ケイト・ボスワース)を助けるために、スーパーマンが飛行機を救う。
再び世界中から愛されるヒーローとなったスーパーマンだったが、ロイスはそんな彼に冷たかった。
かつて "Good-bye"も言わずに自分の目の前から消えたスーパーマンに対し "Why the world doesn't need the superman"という本を出版しピューリツァー賞まで受賞していたのだ。
彼女には5歳になる子供と、新しい恋人がいた。
それを知りつつロイスに心を寄せるスーパーマン。
一方、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーは、スーパーマンの故郷のクリスタルとスーパーマンの弱点の鉱石クリプトナイトを使って、世界的悪事をたくらんでいた。
(まだ公開が先なためあらすじはここまで)

<感想>
スーパーマン シリーズを映画として観たのは初めて。
本当にスーパーマンって何でも出来るんだー、すっごーい、と今更ながら感動しちゃいました。
だって super なんだから、銃の玉は跳ね返すし、海の中でも息できるし、怖いもの無し!と思っていたら、やっぱり弱点はあるのね。
それは、クリプトナイトという鉱石らしいんだけど、これって実在するのかしら?
まあ、ともかく世界は俺が守っているんだ!!っていうアメリカ的なハッピー映画としては、今でも最高峰を行くスーパーヒーローなので、ありました。 That's it.

|

« ハチミツとクローバー | トップページ | I am 日本人 »