« I am 日本人 | トップページ | ラフ »

ユナイテッド93

United93
60点
原題:United 93 (ユナイテッド航空 93便)
公式サイトhttp://www.united93.jp/top.html
試写会場:一ツ橋ホール
監督: ポール・グリーングラス
主演: ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス[女優] 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ
製作国: アメリカ (2006年)

<ストーリー>
ニューアーク空港から、サンフランシスコ行きのユナイテッド航空93便が、離陸のときを待っていた。
いつもの通りの何でもない朝。乗務員も乗客も通常通りの日を迎えるはずだった。
しかし、中には4人の緊張にふるえるアラブ系の乗客が、そのときを伺っていた。
同じ頃シカゴの管制塔では、1機の飛行機が不信な通信とともに消息を絶ち、行方を捜していた。
どこの管制塔のレーダーからも消えた後、ニューヨークのワールドトレードセンターに飛行機が衝突していた。
当初は小さな飛行機が衝突したと見られていたが、テレビ中継されている真っ只中で、旅客機が別のタワーに追突するのが映し出された。
一方遅延後無事ニューアーク空港を飛び立ったユナイテッド航空93便は、シートベルトサインが消えミールサービスが始まっていた。いきなり一人の男が、機長室前の客室乗務員を脅かし操縦室に入り込み、操縦士を副操縦士を殺害し、別の男がパイロットとして操縦桿を握った。祈りの言葉を口にしながら。
乗り合わせた乗客乗務員たちはすべてエコノミークラスの後方に追いやられ、恐怖におびえながらも、当初はただのハイジャックだと思っていた。
しかし、パイロットが殺害されたことと、シート前の電話で地上を交信を行っている人達の間から、数機の飛行機がハイジャックされ、ワールドトレードセンターに突っ込んだことなどを知らされる。
このままでは、自分達の飛行機もどこかに着陸せずに死ぬのを待つだけ。それくらいなら、犯人達と戦おうと数人の男たちが犯人達を襲い、操縦室を奪還した。が時はすでに遅すぎた。

<感想>
管制塔や軍の司令塔、機内の様子などが淡々とドキュメンタリータッチで描かれるだけの映画。
スターと呼ばれるような俳優や女優達は一切登場しておらず、エンディングクレジットを見ていたら、実際に本人が演じている役柄も結構あった。
話の内容は誰でも知っていることだが、それをここまでリアルに映画化するところが偉い。
しかもスポンサーを一切つけずに、ユナイテッド航空だけがアフィリエイトとして参加するという画期的な製作方法。
よく出来ているとは思うんですが、映画として観て楽しいかどうかはまた別。
去年見た『オープン・ウォーター』を彷彿させられました。
日本人にはひょっとしてウケるかもしれないですね。

|

« I am 日本人 | トップページ | ラフ »